更新情報

久しぶりの更新です。
撮り貯めたもの、わかったこと、調べたこといろいろあるのです...

2009.5.7現在

「生きる知恵」 2009.5
[PR]
# by tutinokai | 2009-05-07 17:48

生きる知恵

4月、田んぼの畦草は小さな花々を咲かせています。
小さな虫たちもやってきました。

d0021152_1648237.jpgテントウムシの幼虫
この時期、ハハコグサなどにいる
アブラムシを食べにやってたようです。

ナナホシテントウ(七星天道)の幼虫。

手にとると、すばやく動く幼虫。
成虫のお天道さんは指先めざして(高い方高い方へ)移動しますが、
幼虫は高い低い縦横無尽。

d0021152_170388.jpg
「あっ!」
幼虫が手から落ちて下の田んぼへ。
田んぼには少し水が張ってあります。

幼虫が落ちた瞬間、0.コンマ何秒の瞬間に、
幼虫に飛びかかった生きものが!!

「ええッ!」

そしてまた、1秒もしないうちに
その生きものは幼虫から飛び去って逃げてゆきました。

「なんで!?なにがあった??」

幼虫は、からだをくねらせて水面を泳ぎ、畦土に辿り着きました。

d0021152_1791869.jpg
ナナホシテントウの幼虫に
飛びかかったのは
キクヅキコモリグモ(菊月子守蜘蛛)たぶん。
頭胸部中心の腹部寄りに黒い縦線が特徴です。

なぜ、
テントウムシの幼虫を食べずに逃げたのか。
それは、
私の手のひらをみればわかることでした。

黄色い液が手にいくつかついていました。
この液は、足の関節から出ていて、
アルカロイドという物質が含まれ、特有の臭いと苦みがあり、
小鳥やアリなどはこの液を嫌う、とのこと。
この成分を出すことで、テントウムシは捕まって餌にされてしまわないのです。

コモリグモも、ナナホシテントウムシの幼虫には、
お手上げだったのでは?と推測できます。

ほんの数秒の生きものたちのドラマ。
すごいものをみました。
生きものたちはいつも生死と隣り合わせ。
けど、それぞれにたくましいなあと思う出来事でした。


けっこう、テントウムシについて書いています。
「母なる草 ハハコグサ 〜天道虫編〜」2007.5
「テントウ虫」2005.5
「冬のおてんとさん」2005.10
[PR]
# by tutinokai | 2009-05-02 16:04 | いのちの環

寒天状の卵の正体  たまご探偵♪

d0021152_2221544.jpg代かきあとの静かな水田
風にふかれて、畦のほとりには草やら藁やらが
流れて着いています

d0021152_22212352.jpg





水草に寒天状のものが着いています
なんだろう?

そこここにたくさん寒天(ゼリー)状のものはありました。
私は何かのたまごではないかと思いました。

代かきあとの田んぼには、タニシがいっぱい。
丸タニシのたまごか?と思いましたが、タニシは卵ではなく仔貝で産むとわかりました。
だから、違う。

次に思ったのは、ニホンアマガエルの卵か!? ということ。
ずっとみたことがなかったニホンアマガエルの卵。いよいよかー!
今は、カエルさんたちも大合唱の季節。
その鳴き声を聴き分けると、
シュレーゲルアオガエルより、ニホンアマガエルの方が個体数がはるかに多いのです。
今、この田んぼにはニホンアマガエルの卵がきっとあるはずです。

d0021152_22214821.jpg
こんな卵を、
以前に見たことがあります。
サカマキ貝の卵です。

サカマキ貝も水田になり、
活発に動き始める頃。

ニホンアマガエルの卵は、
卵塊ではないそうです。

んー、これは
サカマキ貝の卵のようです。
d0021152_22374373.jpg

こちらも
卵塊であることから、
サカマキ貝の卵のように思います。


d0021152_2238556.jpgでわ、こちらは?
寒天状のものだけが残っています。

たくさん田んぼのなかにあった
寒天状のものの多くは、
このようなもので、
なかに卵はありませんでした。

ニホンアマガエルの卵は、
卵塊ではなく、
ヤマアカガエルの卵のような
まるいゼリー状の中にひとつの卵が入っていて、
水草などに産みつけられるが、風などによって浮遊もする。
そして、卵は、2,3日で孵化する。(あまり見ることができないワケです...)

このまるい寒天状のものが、ニホンアマガエルの卵が孵ったあとではないかと思うに至りました。
まだ、ニホンアマガエルの繁殖期は続きます。(5〜6月)
引き続き、気にしてゆきたいと思います。
[PR]
# by tutinokai | 2008-06-03 22:23 | 田んぼの生物

田んぼのなかにヒルがいるという豊かさ

生きものは、必ずそこにいるのにはワケがある。
田んぼのなかの生きものたち。いつみても発見がある。
みつめればみつめるほど、あたらしい出会いがある。

「イヤだな〜」と他では思うかもしれない。
だけど、田んぼのなかで出会うと、こう思う。
「生きものは、必ずそこにいるのにはワケがある」
だから、「イヤだな〜」より、「なんだろう?なぜだろう?」
田んぼだと、なんでも平気だから不思議です♪

そこから始まる。今年の発見の物語。
「ヒル」 みつけました。
d0021152_21382518.jpg
同定はむずかしいのですが、
「チスイビル(血吸蛭)」か「ウマビル(馬蛭)」
と思われます。

チスイビルは、
もともと人間の血が主なのではなく、
水の中の昆虫の血を吸うのが本来。

d0021152_2139336.jpg一方、ウマビルは、
吸血ではありません。
(そもそも血を吸うヒルは数十種いるうちの
3種だそうです)

 にゅ〜っと、細身になって伸びたヒル!(→写真)


d0021152_21392123.jpgチスイビルやウマビルがいるということは、
それだけ、生きものが多いということ。

ウマビルが、サカマキ貝やモノアラ貝を食べたり、
チスイビルは、アメリカザリガニに食べられたり。

田んぼのなかの小さな生きものたち。
そうしてめぐりめぐっているいのち
[PR]
# by tutinokai | 2008-06-01 16:25 | いのちの環

かいかい(貝々) 田植え後15日

d0021152_2229020.jpg
田んぼのなかには、
いろんな貝たちがいます。


d0021152_22302289.jpg




反時計まわりに巻いています。
「逆巻」(さかまき)
サカマキガイ(逆巻貝)

d0021152_22371160.jpg
サカマキ貝は、外来種。
ヨーロッパうまれの貝で、
観賞魚とともにやってきて
世界各地に分布を広げた貝です。


d0021152_22405871.jpg貝にゼラチン状のものがついています。
田植えから2週間。

水が張られた田んぼ。
水性の生きものたちは、活発にうごきはじめてます。


数十個の卵がはいっているゼラチン状の卵嚢を、田んぼのなかの藻や、枝や葉に産みつけます。
稲が成長してくると、稲の茎の水際のところによく集まっています。
d0021152_22412615.jpgd0021152_2242796.jpg

d0021152_22595922.jpg小さな二枚貝もいます。
「ドブシジミ(溝蜆)」
ドブシジミ科の貝です。
シジミの仲間ではありません。
指先に乗るほどの小さな貝ですが、大人です。

他の県では、準絶滅危惧種(NT)だったりします。
4番田んぼでも、頻度としては、
よーくみてると、発見できるといったかんじです。

「いのちのリレー ②「サカマキ貝」」2005.6
[PR]
# by tutinokai | 2008-06-01 10:26 | 田んぼの生物

田んぼカモさん 2008

田植えの頃、水の張られた田んぼには、カルガモがスイスイと泳いでいます。
田植えをおえた田んぼの苗と苗のあいだを泳いでエサ探し。

カモさんが泳ぐ風景はなんともかわいい風景です。
ただ、苗に向かって、植わっている間なんてことはお構いなしに
スーッと、苗をたおしながら降り立つカモさん。
ちと見ているこちらは、ひやっとします。

d0021152_0314065.jpgd0021152_031568.jpg
[PR]
# by tutinokai | 2008-05-18 15:28 | 田んぼの生物

田植え

d0021152_074191.jpg
土の会5度目の田植えです。
今年は、等間隔に印のついたひもを
植えたら動かしてゆく方法で
田植えをしました。

大きな田んぼになると、
みんなの息を合わせて植えるのは
大変なことです。

d0021152_091610.jpgわいわいがやがや
田植えはすすみます。

きれいに並んだ苗。

いい気持ちの時です♪

d0021152_01169.jpg



今年の苗は4本植えです。

大きくなあれ。
[PR]
# by tutinokai | 2008-05-18 10:06 | 田んぼ通信

代かきあとの 「田の主、タニシ」

d0021152_20313965.jpg
泥の表面もなめらかに、
穏やかな田植え前の田んぼ。
水のなかの生きものたちもよくみえます。

うねうねと泥の表面に曲線がいっぱい
その先に、いました! 田の主「タニシ」。


みると、4番田んぼのそこここに、いるいるいるー。
3年前から、だんだん増えてきていてうれしいなあーと思っていた「田の主」
数えてみると、4番田んぼで80匹以上確認できました。
日当たりがよく、水温も若干高いであろう園路側の方が、多くいるようです。

年々多くなってきているといえど、
いっぺんにこんなにいっぱいのタニシを確認できたのははじめて。
なぜだろう?と考えました。

その殻を閉じ、じっと冬を耐え、乾田の田んぼで過ごします。
「田主」サンは、その名のごとく、その田んぼから外へは出ないと思われます。
タニシの繁殖は、田んぼに水が入ってから。
一匹の母さんタニシは、20〜30個の仔貝を産むのだそうです。
(卵ではなく、仔貝の状態で産まれます)
すれば、母さんタニシが5匹いたら、×20で100匹。 
みつけていた数は5匹以上です。...数からいえばそうおかしくはない数です。

代かきをした、泥が平らで穏やかな水面のときにしか、みられない光景なのかもしれません。

水の底をうねうね歩き、藻類や有機物を食べて(デトリタス食という)、
田んぼの水をキレイにしてくれます。田んぼのお掃除やさん。

d0021152_20334925.jpgみると、
なかには、とても大きなタニシもいます。
私はずっと、「マルタニシ」と思っていましたが、
「オオタニシ」も混ざっているかもしれません。

殻のカタチが同定の決めてのようです。
(大きく角ばっているのが、オオタニシ)
マルタニシ:殻高40mm、オオタニシ:殻高70mm

ふたつのタニシ。
特徴から考えると、左は大きいけどマルタニシ。右は小さいけどオオタニシ、かな?

オスとメスの違いは、触覚。右の触覚が曲がっているのが、オス。
オスの右触覚は生殖器でもある。
 ↓オス                     ↓メス
d0021152_20322664.jpgd0021152_20324456.jpg

d0021152_20331531.jpg
白い触覚のタニシ、↑
黒い触覚のタニシがいる。→
これは、どう違うのだろう...?

田んぼをキレイにしてくれる、「田の主」タニシ。
水の精霊の化身。

里山の食用にもされ、貴重なタンパク源でもあり、
昔から親しまれてきた生きものです。

農薬などの影響で、今では
環境省はマルタニシ、オオタニシを準絶滅危惧種(レッドリスト)に指定しています。


(注)いっぱいいたので、舞岡公園では採取し、公式に現在このタニシを鑑定中。
   また、4番田んぼにかえっておいで。

「タニシ」について 「土の会」の記事
「田んぼの主 丸タニシ」2007.6
「水上散歩」2006.6
[PR]
# by tutinokai | 2008-05-17 16:30 | 田んぼの生物

新芽のころ

 ↓ムクノキ              ↓エノキ
d0021152_23553562.jpgd0021152_2355853.jpg


ムクノキもエノキもぐんぐん伸びて、周りの木々ともすっかりお仲間。
大きくなった分だけ、ちょっとせまそうです。

 ↓ムクノキ葉                  ↓エノキ葉
d0021152_23591777.jpgd0021152_23593321.jpg


d0021152_034929.jpg
いつも成長が早くみられるのは
エノキです。
かわいい新芽が出ています。
[PR]
# by tutinokai | 2008-05-12 14:51 | ムクノキ&エノキ日記

代かきと田植えのあいだ

田んぼに水が入るのを待ちわびていた生きものたち

↓アメンボ                   ↓オタマジャクシ
d0021152_18343333.jpgd0021152_18352670.jpg

↓タニシ(マルタニシ?)            ↓ザリさん(アメリカザリガニ)
d0021152_18371045.jpgd0021152_18374618.jpg

d0021152_18385214.jpg
水陸両用の生きものも

クモ(コモリグモ)→

d0021152_184195.jpg乾田で暮らしていた生きものも

畦にひなんする
オケラッタ(オケラ)→

乾田、水田
入れ替わりの時期。
代かきと田植えのあいだ
生きものたちは大忙し。
[PR]
# by tutinokai | 2008-05-11 11:33 | 田んぼの生物