赤とんぼの唄

d0021152_2544826.jpg
春の田んぼにはヤゴがいました。
今日の稲にはじっと、
トンボがとまっています。
田の草とりをしている間、
じっとトンボがとまっています。
羽化して間もないのかな?



アカネ(Yahoo!きっず図鑑 アキアカネナツアカネはとてもよく似ていて、
この写真では同定できませんが、たぶんアキアカネ)

黄色いけれど赤トンボ。夕焼け小焼けの赤とんぼ。

アキアカネは、6月下旬に田んぼや湿地で羽化し、山に登る。
暑い夏の間、性的に未熟な固体(体色は黄色)として山上の涼しいところで餌をとり、
秋風の立つ頃、体色も赤くなって里におりてきます。
交尾、産卵をして晩秋に姿を消しますが、卵の状態で越冬し、
翌春湿地や田んぼに水が溜まると孵化し、初夏に羽化する。
このような里→山→里の成虫往復移動を繰り返しています。

  参照文献:「トンボのすべて」トンボ出版


赤トンボが暮らすためには、多様な環境が必要。
「秋津島、瑞穂の国 ニッポン」(秋津は赤トンボの大昔の呼び名)

d0021152_3312477.jpg
いってらっしゃい赤トンボ。
実りの秋にまた逢える
田んぼを飛び交う赤トンボの風景が楽しみです。
 photo / 2004.10 赤トンボ
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 15:05 | 田んぼの生物
<< ヤゴvsオタマジャクシ トンボ... Charlieさんの生き物のはなし >>