ヤゴvsオタマジャクシ トンボvsカエル

d0021152_341850.jpgシオカラトンボが、
稲の上をぐるぐると回っています。
「ここは、僕の田んぼだぞ。
 かわいい娘は歓迎するけど、
 他のオスは来ないでくれよ」

な〜んて♪



トンボは一生肉食性で、幼虫は水中の生きた小動物を捕食します。
餌はミジンコ、イトミミズ、ボウフラ、「オタマジャクシ」

ヤゴはオタマジャクシを食べる。

そして羽化してトンボになって。
成虫は空中、地上、葉上などの飛行中または静止している小動物を食べます。
カ、アブ、ハチ、コガネムシなど。

逆に成虫は鳥、魚(産卵中のトンボに水中からジャンプ。←これはスゴイ!ホント!?)、
肉食性の昆虫、「カエル」などに捕食されます。
  
   参照文献:「トンボのすべて」トンボ出版

d0021152_3594417.jpgトンボはカエルに食べられる。

なんと!形勢逆転!
オタマジャクシ=カエルもだまってはいませんね。
なんだかスゴイ。
生き物の世界。
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 15:30 | いのちの環
<< 自然のバランス 赤とんぼの唄 >>