人と田んぼ

「いのちの環」は、田んぼを巡る人のいとなみと、
生き物と植物のつながりをみつめてきましたが、
今回は、
人と田んぼ(お米)との環を。本のなかにあった面白い文章をご紹介。

私たちは誰もが苗字を持っています。
「苗字」...苗。イネの苗。
イネの苗が分かれて増えていくように、
子孫もどんどん増えて栄えていきますように。
そんな祈りが込められている「苗字」。
親戚同士でグループを作り、力を合わせる「結い」のしごと、稲作。
このグループ名が苗字というルーツといわれる。

日本人の苗字に最も多く使われている漢字は「田」
田んぼの位置を表すという苗字も多い。
前にある田んぼ「前田」 横にある田んぼ「横田」
山から流れ出る水の流れにそって順番に
一番上の田んぼ「上田」「山田」 真ん中は「中田」
下の田んぼは「下田」「平田」 高い田んぼは「高田」
川のそばは「川田」 ひらけた田んぼは「原田」
大きな田んぼは「大田」 小さな田んぼは「小田」
葦が生えている湿地の田んぼは「吉田」
やや小高くなった場所をクロといい「黒田」
他にも「竹田」「和田」「池田」「村田」「沼田」「飯田」「田辺」...
知人のなかに一人はきっといる「田」のつくお名前。
田んぼがそれだけ、身近なものだったのだなあと思いはせます。

ちなみに「鈴木」も、
稲刈りが終わりワラを積んだ穂積に来年の豊作を祈り木
(=聖なる木「鈴木」)を立てたことから。

d0021152_2050855.jpg日本人の主食として選んだ、米。
遥か縄文の時代から、
食べられてきた。
日本の気候も
稲作に合っている。

その
栄養価の高さ

d0021152_2134973.jpg収穫量の高さ
(一粒の種子から
 700〜800粒のお米がとれる)
貯蔵のしやすさ
調理のしやすさ
(他の穀類は硬く粉にするけど、
 米だけはそのまま食べられる)
そして、おいしい。


d0021152_23303896.jpg私たちの名前しかり、
長い歴史のなかで日本人は
稲作を続けてきました。
米作りは
大変手間のかかるもの。
だからこそ、多くの人が
協力をすることが必要。
こういった稲作の中で、
d0021152_23344565.jpg協調性や勤勉性、
忍耐強さに富み、
一方では画一性や閉鎖性と
批判もされる日本人の国民性が
培われてきたと
いわれています。
 参照文献:
「田んぼの教室」家の光協会

d0021152_23492229.jpgそうかもなあ〜って思います。
不思議なのは、子どもの頃から
アスファルトに囲まれた
暮らしをしてきた私でも、
「なつかしい」と感じる
この舞岡の谷戸の風景。
その中心には田んぼがあって。


日本人のDNAのなかに、大切なものが受け継がれている。残ってる。
そんなふうに思ったりするのでした。
[PR]
by tutinokai | 2005-11-23 16:28 | いのちの環
<< 寒田起こし ムクノキ改め、エノキ日記 >>