生きるための死に方

d0021152_017983.jpg
それはショッキングなものでありました。
なんだか、
じっとみていました。
あるトンボの死なのですが...




「生きるための死に方」「死ぬための生き方」...
そんなタイトルの2冊の本を読んだことがあります。
「死」というものはとてもこわいことで辛いことで悲しいこと。
と、どうしても思ってしまいます。それでいいとも思います。
けど、それは誰しもが避けて通れない道。
それは生きとし生けるものすべてのものにあるもの。

この田んぼのなかで、強き者が弱き者を食べること、
食物連鎖の端々をみてきました。
食物連鎖の頂点に立つ人間は、時に、その環を意識できないくらい
傲慢でもあるけれども、その環を感じ、守ろうとすることもできる。
そう思って行動をとれる、そう在りたいものです。

小さな生き物から始まる連鎖の恩恵を受けてお米は実る。
そうして、たくさんのいのちをいただいている。

このトンボは、力尽きて水に落ちてしまったのかもしれないし、
思いがけず、そうなってしまったのかもしれない。
このトンボは、きっと微生物によって分解され、土へと還る。
そしてまた、稲がそれを受け継いでゆく。
生死混じり合う田んぼの一幕をみた気がしました。
人間である私は、このトンボに感謝をするしかありません。

すべてがつながっている。そんな壮大な想いへと続く、
田んぼって、いのちのみなもとなんだなあ。ああ、田んぼって 奥深い...
[PR]
by tutinokai | 2005-11-23 11:12 | 田んぼの生物
<< ムクノキ改め、エノキ日記 収穫祭 >>