巡る春

d0021152_1563167.jpg
タネツケバナ(種漬花)の花が咲いています。
その名の通り、田んぼは種籾を水に漬ける頃。

植物の名前。
ただただ名前を覚えるだけではなくて、
こんなふうに
その言葉の意味に思い巡らせること。
なんだかとてもオモシロイ。


それと、
なんだかその名をつけた昔の人がすごい。

そしてそして、
ちゃんと季節を種のなかで待っている植物ってすごい。

巡る春。去年と同じ草花に逢う。
けれど、去年の草花とは違う。其処に在るのは、受け継がれた無二の草花。


タネツケバナのこと
「土の会」2005.4「田」の草花
[PR]
by tutinokai | 2006-03-19 14:45 | いのちの環
<< 春のおとしもの 雑木林から 3/19 >>