鳥は豊かさのバロメーター

d0021152_13193610.jpg
田起こしのあと、
田んぼのなかを歩いています。
(4番田んぼではありませんでしたが...)

←アオサギ。
田んぼのご用事なあに?



春から夏へ
田の虫たちも、稲の成長とともに活気づく季節。
その虫たちを食べに来ているのでした。
田起こしをするヒトは、それにひと役かっているのかもしれません。

田んぼには、目にみえないようなミジンコのようなプランクトンから、
このアオサギへと至るまで、食物連鎖のピラミッドのすべての物語が存在します。
ヒトもその環のなかで生き物たちともちつもたれつ稲を育てる。

鳥たちの多くの種は、食物連鎖の頂点にいます。
その中でも一番上位にいるワシやタカ類(猛禽類)が、全国で減少しています。
コウノトリやトキは絶滅の危機に追いやられたのはなぜでしょう。

田んぼに散布された農薬が稲から虫へ、魚や貝へと濃縮されていき、
最後は鳥にまで及んだこと。
エサであるドジョウやタニシやカエルが激減したのが主な原因。
田んぼが生き物を育み、いのちの環が巡り、鳥を育てる。

  参照文献:「ふくおか 農のめぐみ100」

↓コサギ                  ↓カモさん
d0021152_22075.jpgd0021152_2283772.jpg去年は、コサギをみました。今年はアオサギ。カモさん、スズメ...
たくさんの鳥との出会いに、にっこりします。
「ひとつ」でなくて「たくさん」がいいね。

「アオサギ(青サギ)」
一番大きなサギで、青灰色。田んぼでは、主にカエルを食べている。
一年中みられる。他のサギよりも夕方遅くまで活動する。

土の会 white 「食物連鎖」2005.7
[PR]
by tutinokai | 2006-04-28 13:15 | いのちの環
<< コゲラ子育て中 しあわせのナナホシ >>