カエルの旅

ある日、シュレーゲルアオガエルが田んぼの畦に穴を掘り、白い泡の卵を産みました。
人々は、田植えのまえの代かきをしました。
水を入れはじめた田んぼで、泡の卵は、どんぶらこ〜どんぶらこ〜と流れてきました。
泡のなかには、300〜600個の卵が、オタマジャクシになるのを待っています。

d0021152_2343492.jpgd0021152_234458.jpg


d0021152_23442375.jpgオスのシュレーゲルアオガエルが
一匹おりました。
体の色は普通は黄緑色ですが、
繁殖期のオスは、褐色のものもいるのでした

代かきが始まった田んぼです。
さて、ちゃいろデメタンは考えました。
「ちょっと旅にでてみよう」
田の中の蛙、出発です。

①畦をのぼり                  ②ジャーーンプ!
d0021152_0125556.jpgd0021152_0151067.jpg

③無事、着地。                 ④畦道のデメタン
d0021152_0394455.jpgd0021152_040073.jpg

d0021152_0435596.jpg
⑤畦道を横断中。

人の作業の足元で、
ちゃいろデメタンの大冒険。 
なんともかわいい後ろ姿です♪   



d0021152_0444623.jpg⑥水路に辿り着きました

ちゃいろデメタン、水のなか
気持ち良さそうです。
小さな旅の先はお隣の水路でした。



d0021152_049497.jpg
泡の卵は、人の手で
田んぼから水路へと
ちょっと移動しておきました。
せっかく、産んだ卵だものね。

水を入れ始めた田んぼには、
卵から孵った子どもたちが、
もう、いっぱい泳いでいます。
[PR]
by tutinokai | 2006-05-14 09:35 | 田んぼの生物
<< 代かきと畦塗り 穀雨 >>