田の草とり、草刈り 1回目

d0021152_551016.jpg田植えをして3週間後の田んぼです。

稲のまわりに生えてくる草を抜きます。
無農薬の米作りでは、
草を泥のなかに沈めることで
また生えてくるのを防ぎます。
草は、泥のなかで腐り、
稲の肥やしにもなってくれます。


生えてくる草の代表はコナギです。繁殖力のものすごいコナギです。
コナギ1個の実には数千粒の小さな種。コナギの種は、長生き10年以上。
コナギ物語はこちらを参照→(土の会white「いのちのリレー① コナギ」2005.6

今年は藻も多いです。日照不足が心配なので、網で藻を取ります。

d0021152_561263.jpgd0021152_564318.jpg草とりをしながら、稲のまわりが酸素不足になっているので、
土を掻き混ぜ、酸素を含んだ水がいくようにします。
稲を折ってしまうと穂とならないので、注意デス。


d0021152_563266.jpg
草取りの作業をやりやすくするために
水を少し抜いています。

「はやくしてね」
と、おたまサン。

d0021152_565955.jpg
藻をすくった網を水路で洗うと、
網のなかにザリガニが。

「あ、つかまっちゃった」
[PR]
by tutinokai | 2006-06-11 10:03 | 田んぼ通信
<< 芒種 ミクロの世界 〜田んぼの土台〜 >>