水のなか

田植えから40日目。
代かきをして、水を張り20日前後にミジンコ(微塵子)が泳いでいるのを確認。
そして40日目の今、ミジンコより少し大きな生き物たちをみつけました。

3年目の田んぼ、去年は気がつけなかった小さな生き物たちをみつけた時に、
またひとつ、田んぼの「かんじん」に近づけた気がして、ほっこり♪

d0021152_1604124.jpgエビのような生き物が動いています。

「フタバカゲロウ」 カゲロウの仲間です
カゲロウは、蜻蛉、陽炎。

フライフィッシングで使用する
疑似餌(フライ)で、
カゲロウの羽化の姿を模したものも
あるそうです。


成虫は、フワフワと浮遊(蜉蝣とも書きます)し、餌を取らず、水中に産卵すると
短いその命を終えるといわれる。
「儚さ」の象徴でもあるようなカゲロウです。

ですが、実際は、生涯は半年から一年程度であるとのこと。
昆虫としては短いものではないそうです。


d0021152_15594355.jpg田んぼの水のなか、
すばやくオール状の大きな後ろ足を動かして
大いそがしの生き物がいました。

「コミズムシ」の仲間、
エサキコミズムシ、コミズムシ
ハラグロミズムシのいずれかなのですが、
同定するには、顕微鏡で微細な特徴を
観察する必要がある程似ているため、
とりあえず、コミズムシの種ということで。

翅の下に空気をためて呼吸をする。脚でしがみついて体を水底に固定する。
固定しないと、呼吸のためにためた空気の浮力で浮いてしまう。
そのため、別名を風船虫(フウセンムシ)というのだそうです。

だから、大いそがしで、動いているのでしょうか?
すごい勢いで、動いてます!

ちなみに補足トリビアですが、
某テレビ番組で、「水虫という虫がいる」ということで、73へえ獲得したらしいです。


d0021152_110932.jpgどじょっこもいました。
上からみただけですが、
スジシマドジョウ(筋縞ドジョウ)と
思われます。

エサは、有機物やミジンコです。
ミジンコやドジョウがいるということは
農薬を使わない田んぼであることの指標。


ドジョウの産卵数は4000〜2万個。
今までみつけた生き物のなかで、産卵数はトップランク。
産卵数が多いのはきっと、それだけ他の生き物のエサになってしまうということを
見越してのこと。命を紡いでゆく生き物の知恵。

ミジンコやフタバカゲロウ、コミズムシ。
ドジョウがたくさんいる田んぼになるといいなあ。
[PR]
by tutinokai | 2006-06-29 15:04 | 田んぼの生物
<< 田の草とり 3回目 田んぼカモさん 2006 >>