charlieさんの植物のはなし 春

d0021152_2131144.jpgその1
「ハルジオン」と「ヒメジョオン」


水路の向こうの草刈りをしていない
草むらのところに咲いているのは
「ハルジオン」
その植物の花の形や葉の形、つき方
茎の形、切り口などなど。
じっくりみることでわかってくること。

花、何に似ているでしょう?  →菊の花に似ている →キク科という風に。
ハルジオンのつぼみは下向きに垂れているのが特徴。
ヒメジョオンのつぼみは上向きだという。
ハルジオン(春紫苑)は主に4〜5月に、ヒメジョオン(姫女苑)は主に6〜7月に花が咲く。
混じって咲く時期、入れ替わる時期がある。

私、呼び名が違うだけだと思っていました。違いをみるのが愉しみです♪

yahoo!きっず図鑑「ハルジオン」  yahoo!きっず図鑑 「ヒメジョオン」


その2
「カントウタンポポ」と「セイヨウタンポポ」
d0021152_2254920.jpg
ハルジオンのお隣で、
咲いていた「カントウタンポポ」。
茎がぐうっと伸びて、
のっぽな花が咲いていました。
まず、咲いている場所のちがい。
草刈りをしていない草むらで
生きていけるのはカントウタンポポ。

セイヨウタンポポは有名は帰化植物。
人の歩く道ばた(人が暮らしているところ)に多く生きている。
それは、ふだん目にしているタンポポの多くが、セイヨウタンポポであることを意味する。
花のがく(正しくは総包片)が、くるんとなっていないのがカントウタンポポの特徴。
舞岡公園は、在来種を大事に守ってきたから、
こうして今はめずらしくなってしまった草花が生きている。

そういうことを大切にみつめる目をもっていきたい。

yahoo!きっず図鑑「カントウタンポポ」
[PR]
by tutinokai | 2005-04-10 12:24 | 田んぼの植物
<< 畦の散策 「田」の草花 >>