バッタった

7月、赤ちゃんだったバッタが成長して、みなさん立派になりました。

2006.7
d0021152_1873850.jpgd0021152_18102843.jpg

「イナゴ」の仲間 イナゴ科イナゴ亜科
(翅がお腹より長くないので、たぶん「コバネイナゴ」)
食草は、その名のとおりイネ。稲の成長とともに育つイナゴです。
イネ科やカヤツリグサ科を好みます。
イネ科のスズメノテッポウ、カヤツリグサ科のヒデリコと、
イナゴのおいしい草は、畦にいっぱいあります。

2006.9 ネットを握っている、仮面ライダーかお 「イナゴ」 
d0021152_18135175.jpgd0021152_1883345.jpg


d0021152_1532199.jpgこちらは...
畦のくさの上にバッタった。
親子なかよし

...そう思っていましたが
d0021152_15323326.jpg

                       2006.7
d0021152_15542243.jpg「オンブバッタ」
オンブバッタ科オンブバッタ亜科

夏、
小さい赤ちゃんバッタが畦を
ピョンピョン飛んでいました
稲にちょこんととまっていたり。

そして、成長したオンブバッタ。

オンブバッタは、親子ではなく、オスとメスだったのでした。
しかも、小さいオンブされている方がオス。
                       ネズミかお 「オンブバッタ」
d0021152_15472298.jpgなぜオンブしている、されているのかというと、
オスがメスを一人占めするため。
大人のオンブバッタがみられるのは、
8〜11月頃まで。そして今は恋の季節。 →

子どもの頃から信じて疑わなかった
ほのぼの親子の図...ではなく
なんとなくショックではありますが

キク科の葉っぱを好んで食べるそうです。
畦の植物でキク科というと、ハルジオン、オニタビラコ、ハハコグサ、オオジシバリ...
たくさんあるネ。
そして、オンブバッタの天敵は、ジョロウグモ。
今の時期、田んぼネットにたくさん巣を張っています。キケンもいっぱい。

田の草も、生き物も。
すべて繋がっていて、そのなかで、いのちが受け継がれてゆきます。
[PR]
by tutinokai | 2006-09-28 14:14 | いのちの環
<< 9月の畦は、伸びざかり 9月のとんぼ 下 >>