精米

d0021152_6584237.jpg土の会ではなかったのですが、
「精米作業」です。
精米作業は、
田んぼのグループではやらないので
谷戸学校以来の貴重な経験です。

脱穀あとの
いい具合に乾いたお米。

d0021152_71126.jpg

籾のなかのお米。
さあさあ、かおをだしましょう。


舞岡での唯一の電動機械でのお米の作業工程です。
まず「籾すり機」 籾を、籾殻と玄米にわけていきます。

d0021152_734235.jpgd0021152_74052.jpg


d0021152_765826.jpg
軽い籾が、
ふるいにかけられ
分けられていきます。


籾殻も筒を通って分けられます
d0021152_79932.jpgd0021152_792685.jpg



次に、「精米機」 お米を、白い米と糠にわけていきます。

d0021152_7141194.jpgd0021152_7143611.jpg


d0021152_7113887.jpgバケツにどんどん
白いお米が集まります
ザザザーッと
うれしい音。

籾、風に舞い、白い米。
胚芽と糠、甘くておいし。

d0021152_712492.jpg
やっと出逢いましたな、お米粒。
ひと粒、ひと粒、生きて来た。
お茶碗一杯、稲2株ぶん。
おむすびは「お結び」
一年の田んぼに、
ありがとう。
[PR]
by tutinokai | 2006-11-09 10:50 | 田んぼ通信
<< 立冬 苔 >>