11月の虫たち

d0021152_1601878.jpg収穫が終わり、
お休みしている田んぼにも
虫たちは生きています。

じっとよーくみていると
動いている虫に出会えます。
10月に引き続き、
すぐにみつけられる虫2種。

よくみられたのは、コモリグモ(子守蜘蛛:コモリグモ科)
土の色と似ています。
「子守蜘蛛、子守する」土の会white 2005.7

d0021152_161525.jpgd0021152_1613240.jpg

d0021152_1622521.jpgこちらもよくみられました
アオバネアリガタハネカクシ
(青葉蟻型翅カクシ:ハナカクシ科)
すばやく動き回ります。

噛まれると痛い毒虫です。注意。
余計なちょっかいを出さないこと。

d0021152_1624728.jpg

ちがう田んぼで、土を起こすと
いました!

「ドジョウ」
(泥鰌:コイ目ドジョウ科)

まだ土のなかは湿っていて、ドジョウも生きることができます。
水の少ない時期、水路に向かうのも得策ですが、
田の土のなかの方が、外敵、危険が少ないのです。
じっとガマンの冬のドジョウです。
[PR]
by tutinokai | 2006-11-13 15:39 | 田んぼの生物
<< 収穫祭  晩秋の2本の樹 >>