はじまりのトンボ

d0021152_21102434.jpg今は、4月半ば。
田起こしの田んぼの土の上
一匹のトンボをみつけました。

やわらかい羽根、弱々しいカラダ。
まだ、飛べそうにもないかんじです。

なにトンボ?

調べてもらい、「シオカラトンボ」とわかりました。
羽化したての、未成熟なシオカラトンボ。
羽化したては、オスもメスも黄色っぽい色をしている。
土の色になじむ、保護色のようです。
シッポの形から、オスのようです。

このトンボはきっと、越冬したヤゴが羽化したのだと思います。
冬、水を抜いた田んぼで辛抱しながら、春をむかえて羽化できました。
初夏、いちばんさいしょによくみかけるトンボはシオカラトンボ。
田んぼとトンボの新たな一年が始まりました。

成熟したシオカラトンボは、オスとメスでカラダの色が違います。
オスは、青白い色に変わり、メスはこのまま黄色味を増してゆきます。

↓シオカラトンボ オス            ↓シオカラトンボ メス(俗称:ムギワラトンボ) 
d0021152_18515794.jpgd0021152_18542864.jpg
[PR]
by tutinokai | 2007-04-15 11:09 | 田んぼの生物
<< 春の田の草 ワンツースリー 田起こしの虫たち2007 分... >>