鳥さんの落としもの

d0021152_140441.jpgこれはなんでしょう?

畦に
鳥の落としもの

落としもののなかの
つぶつぶは、
きっとクワの実の種

見上げるてみると、大きなクワの木がたわわに実をみのらせて、
畦道の上にかかっています。

きっと、落としもののなかのつぶつぶは、鳥が食べたクワの実の種。

d0021152_1441068.jpg畦には、いろんな草に混ざって、
実生のクワが生えていました。

ちょうど畦に、
熟して、落ちたクワの実や、
鳥の落としもののなかの種が、
着床して、発芽したのだと思います。


鳥の落としものもこうやって、他の生命とつながっている。
きっと鳥自身にそんな意識はないのだろうけど、
結果、鳥が果たした役割が実って、また鳥の食べ物になる。

いのちがふえる=たべものがふえる
いのちのにぎわいはゆたかです。

d0021152_143109.jpg*おまけ*

こちら、田んぼのなかに
落ちていたクワの枝。

雨風に吹かれ、枝ごと落ちたのかな?

こちらは実生にはなれないけれど、
田んぼの栄養になります。


すべて、なにかとつながる。それが、自然のすばらしさ。
[PR]
by tutinokai | 2007-06-10 16:10 | いのちの環
<< 上陸前のカエルの子の死 エノキ大人気 >>