かいかい(貝々) 田植え後15日

d0021152_2229020.jpg
田んぼのなかには、
いろんな貝たちがいます。


d0021152_22302289.jpg




反時計まわりに巻いています。
「逆巻」(さかまき)
サカマキガイ(逆巻貝)

d0021152_22371160.jpg
サカマキ貝は、外来種。
ヨーロッパうまれの貝で、
観賞魚とともにやってきて
世界各地に分布を広げた貝です。


d0021152_22405871.jpg貝にゼラチン状のものがついています。
田植えから2週間。

水が張られた田んぼ。
水性の生きものたちは、活発にうごきはじめてます。


数十個の卵がはいっているゼラチン状の卵嚢を、田んぼのなかの藻や、枝や葉に産みつけます。
稲が成長してくると、稲の茎の水際のところによく集まっています。
d0021152_22412615.jpgd0021152_2242796.jpg

d0021152_22595922.jpg小さな二枚貝もいます。
「ドブシジミ(溝蜆)」
ドブシジミ科の貝です。
シジミの仲間ではありません。
指先に乗るほどの小さな貝ですが、大人です。

他の県では、準絶滅危惧種(NT)だったりします。
4番田んぼでも、頻度としては、
よーくみてると、発見できるといったかんじです。

「いのちのリレー ②「サカマキ貝」」2005.6
[PR]
by tutinokai | 2008-06-01 10:26 | 田んぼの生物
<< 田んぼのなかにヒルがいるという豊かさ 田んぼカモさん 2008 >>