カラスがチョン

d0021152_23132890.jpg4番畦を
カラスがチョンチョン歩いています
堂々としたものです

ハシブトガラス

舞岡は里山ですが、
「ブト」も多いです


山にはハシボソガラス
里(町)にはハシブトガラスといわれます

見分け方は、おでこのでっぱりと、口ばしの太さと、鳴き声

ハシブトガラス/でこっぱち、上口ばし盛り上がっている、カアカア
ハシボソガラス/おでこスマート、口ばしほっそり、ガアガア

カラスは、見慣れている...というイメージですが、
こうして散策中に、フンをして、
田んぼの肥やしとなったり、畦に落ちれば、実生の芽がでてきたり。

鳥たちもちゃんと、田んぼの環のなかに生きています。


カラスの"おとしもの"のはなし 「おとしもの」tutinokai 2007.5
[PR]
by tutinokai | 2008-01-19 15:24 | 田んぼの生物
<< 代かき、畦ぬり 日々精進 >>