カテゴリ:田んぼ通信( 56 )

田の草とり 2回目

d0021152_23241762.jpg
 2週間後の田んぼです。
 稲の高さは30㎝。
 ゾウさん「稲水象虫」減りました。
 稲は青々としています。
 コナギが少しまた生えました。





2週間前から成長したコナギ          コナギが生えて1ヶ月のおとなり田んぼ
葉っぱふくらんだ!               コナギってすごいな...
d0021152_23254523.jpgd0021152_23261094.jpg
 
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 09:43 | 田んぼ通信

田の草取り

ぐんぐん伸びてゆく緑。 風に揺れる苗、どんどん逞しく。
稲のまわりに生えてくる草。 抜いて丸めて泥のなか。
腐って稲穂となる肥やし。 イネの根の回りを掻き混ぜ酸素を。
農薬を使わない米作り。間をあけて、風通しよく。草とりは2回ほど。
ヒエは焼却、要注意。
谷戸から見上げる青い空。 畦は大切、草は刈るだけ。
もうすぐ、ねむの花が咲く。

d0021152_120589.jpgd0021152_1302246.jpg

田の草取り
稲の回りに生えてくる草を抜く。
無農薬の米作りでは、草を泥のなかに沈めることで防ぐ。肥やしにもなっていく。
同時に稲の回りが酸素不足になっているので、
土を掻き混ぜ、酸素を含んだ水がいくようにする。
稲を折ってしまうと穂とならないので、注意。
[PR]
by tutinokai | 2005-06-12 10:18 | 田んぼ通信

田植え

苗とり
苗を根をくずさないように苗代から抜き取る。
100本くらいの束にする。そのとき、根をそろえることがコツ。
100本の苗を結わくのは、藁ひも。
藁は、棒で叩いて柔らかくしてから使うのがコツ。

d0021152_23513388.jpgいよいよ田植え
まず、じゃんぼクマデのような道具で
田んぼに線を四方に引きます。
線を引く部分は竹でできていて、
竹ならではの程よいしなり具合です。

今年の苗は去年より短いです。
長すぎない苗がよいようです。
今年は苗4本で植えていきます。

d0021152_23333318.jpg
苗一本が3本となり、
そしてその一本の穂から
千粒のお米になる。
毎日食べている
そのお米の物語が始まります。
[PR]
by tutinokai | 2005-05-22 10:32 | 田んぼ通信

代かき

d0021152_2324759.jpg代かき。
大小の泥土をかき混ぜて、
草を泥のなかに沈めて肥やしとし、
空気を泥土のなかに入れ、平らにする。
時間が経つと土が沈んで、
いよいよ田植えを待つ田んぼになる。

d0021152_2328157.jpg



苗、大きくなってきました 
  photo / 5月15日


d0021152_23402532.jpg

*おまけ* ぐんぐんの1ヶ月
 4月10日の苗代
 種もみさくら花びら         
[PR]
by tutinokai | 2005-05-15 10:20 | 田んぼ通信

田起こし

d0021152_013483.jpgd0021152_0165358.jpg

田起こしは、春起こし。

シュレーゲルアオガエルが鳴いています。
ホーホケキョ ケキョ ケキョ ケキョ...
うぐいすも鳴いてます。
[PR]
by tutinokai | 2005-04-24 00:10 | 田んぼ通信

苗代種まき中。

d0021152_23404821.jpg田起こし前の、春の田んぼ
苗代の種もみは、小さな芽がでています。

カエルの声が聞こえてきました。
空の上からホーホケキョケキョ。

田んぼの1番、スズメノテッポウ。
田んぼの2番、タネツケバナ。

桜舞い散る 春は、駆け足。


d0021152_23451554.jpgd0021152_23355881.jpgphoto / 4月3日 苗代種蒔き
[PR]
by tutinokai | 2005-04-10 01:38 | 田んぼ通信