カテゴリ:田んぼの植物( 52 )

6月の畦

↓アカツメクサ(赤詰め草:マメ科)       ↓アゼムシロ(畦筵:キキョウ科)
d0021152_2237143.jpgd0021152_22375273.jpg

↓イ(葦:イグサ科)畳表に使われる葦草。    ↓イのお花
d0021152_22385214.jpgd0021152_22383192.jpg

↓イヌガラシ(犬芥子:アブラナ科)       ↓オオジシバリ(大地縛:キク科)
d0021152_22393080.jpgd0021152_2239572.jpg

↓オオバコ(大葉子:オオバコ科)        ↓カタバミ(片喰:カタバミ科)
d0021152_22402023.jpgd0021152_22404156.jpg

↓ケキツネノボタン(毛狐の牡丹:キンポウゲ科)  ↓コケオトギリ(苔弟切:オトギリソウ科)
d0021152_22411191.jpgd0021152_22415017.jpg

↓チドメグサ(血止草:セリ科)         ↓トウバナ(塔花:シソ科)
d0021152_2242256.jpgd0021152_2243167.jpg

↓ヒメジョオン(姫女苑:キク科)        ↓ヒメジョオンのロゼット
d0021152_22432755.jpgd0021152_22434964.jpg

↓ヘビイチゴ(蛇苺:バラ科)          ↓ハハコグサ(母子草:キク科)
d0021152_22444142.jpgd0021152_23182127.jpg
[PR]
by tutinokai | 2007-06-09 10:32 | 田んぼの植物

たくましい畦草

d0021152_2103655.jpg先週
草刈りをした畦です。
草は短く刈られています。

そんななか
たくましく成長している
植物も在りました。

オオバコ(大葉子:オオバコ科)
平たく、地面を這って成長するオオバコは、
草刈りを逃れてぐんぐん伸びて、穂をつけていました。

d0021152_2105734.jpgd0021152_2111095.jpg

d0021152_2113591.jpg
水路側に生えていた
カラスノエンドウ(烏野豌豆:マメ科)は、
サヤが黒くなっていました。

やがて、サヤがはじけて
いのちの種ははじけて
旅立ってゆきます。

d0021152_2115573.jpg苔のようなものも
(不明です)
生えていました。

刈られても、刈られても生えてくる。
そんな強さが心地よい。
そしてその畦草たちが、
いっぱいに根を巡らせて
畦を強くしてくれるのです。
[PR]
by tutinokai | 2007-05-20 11:00 | 田んぼの植物

5月の畦

d0021152_21183010.jpg
5月の
伸び盛りの畦です。
いつもの田んぼの畦とは思えないくらいに
伸びた畦草たち。
人の手の入った先を思います。

4月の畦草刈りをお休みしたおかげで、
いろんな畦草の育ったところがみれました。

アメリカフウロ(亜米利加風露:フウロソウ科)も実を結び

d0021152_21164436.jpgd0021152_211715.jpg

d0021152_21231686.jpg左:ハルジオン(春紫苑:キク科)と、
右:ヒメジョオン(姫女苑:キク科)の共演。

夏を迎えると、咲いているのは、
ヒメジョオンになってゆきます。

詳しくは...
「ハルジオンとヒメジョオン ふたりならんで」土の会2007.5

d0021152_21292165.jpg
スズメノテッポウ(雀の鉄砲:イネ科)の穂。
風にのって種を飛ばして。
田んぼの水面に種が浮いていました。
種は、来年の春まで、
土のなかで眠るのでしょう。

左:キツネノボタン((狐の牡丹:キンポウゲ科)はまだあおあお。
右:タガラシ(田辛子:キンポウゲ科)は、種を結んで茶色くなっています。

d0021152_21354231.jpgd0021152_213632.jpg

ノミノフスマ(蚤の衾:ナデシコ科)は、花期がながいです。今月も咲いてます。

d0021152_2140455.jpgd0021152_2142993.jpg

d0021152_22444567.jpg
ハハコグサ(母子草:キク科)は花ざかり。
生きものたちを育ててくれる
ハハの草になってくれました。

土の会white 2007.5
「母なる草 ハハコグサ 〜天道虫編〜」
「 母なる草 ハハコグサ 〜ホソヒラタアブ編〜」

イヌガラシ(犬芥子:アブラナ科)も大きく育って、種をつけています
ありんこがあるいています

d0021152_22505335.jpgd0021152_225197.jpg

オオジシバリ(大地縛り:キク科)の花が、たくさん咲いて...
d0021152_22552319.jpgd0021152_22554454.jpg

d0021152_22571651.jpg
綿帽子が
ひらきました!

自然の造形は
ほんとうに美しい。

↓サギゴケ(鷺苔:ゴマノハグサ科)      ↓ヘビイチゴ(蛇苺:バラ科)赤い果実に
d0021152_2304216.jpgd0021152_231611.jpg

↓カタバミ(方喰:カタバミ科)    ↓トウバナ(塔花:シソ科) 伸びてます
d0021152_236422.jpgd0021152_236209.jpg

↓コケオトギリ(苔弟切:オトギリソウ科)   ↓チドメグサ(血止草:セリ科)
d0021152_23103710.jpgd0021152_2311573.jpg

↓オオバコ(大葉子:オオバコ科)       ↓イ(イグサ科)畳の草です
d0021152_23162496.jpgd0021152_23164773.jpg

↓オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢:ゴマノハグサ科)     ↓たぶんチョウジタデ(丁子蓼:アカバナ科)
d0021152_1432979.jpgd0021152_0104567.jpg

↓?             ↓? イネ科
d0021152_0122531.jpgd0021152_0125738.jpg
[PR]
by tutinokai | 2007-05-13 15:48 | 田んぼの植物

ハルジオンとヒメジョオン ふたりならんで

d0021152_2215196.jpg草刈りをお休みした畦の草。
こんなに大きくなりました。
はじめてみる
5月の畦の姿。

たのしいはっけんも。
せいたかノッポは、
ハルジオンとヒメジョオン。

d0021152_22161375.jpgお隣どうし仲良く。
もうすぐ混ざって咲く季節です。

左:ハルジオン(春紫苑:キク科)
右:ヒメジョオン(姫女苑:キク科)

ハルジオンの花期は、4〜5月。
ヒメジョオンの花期は、6〜7月。

花ざかりハルジオン(左)つぼみのヒメジョオン(右)。”お姫さま”は遅れてやってくる

d0021152_22171980.jpgd0021152_22174350.jpg

d0021152_22214912.jpg
咲きおわりの
ハルジオン。
こんなふうに
小さなわたぼうしになります。


ハルジオンとヒメジョオンのちがい。
(左)茎に巻くようについている葉っぱ ハルジオン。
(右)茎に巻きついていない葉っぱ、細毛が目立つ ヒメジョオン。”毛深いお姫さま”

d0021152_22203622.jpgd0021152_22205886.jpg

ちょっと神様ゴメンナサイをして...
(左)茎が中空 ハルジオン。(右)茎が中空ではない ヒメジョオン。

d0021152_22193424.jpgd0021152_22195793.jpg


「charlieさんの植物のはなし 春」土の会white2005.4
[PR]
by tutinokai | 2007-05-12 16:12 | 田んぼの植物

春の色

d0021152_10361132.jpg
アメリカフウロ(亜米利加風露:フウロソウ科)の
花が咲きました

d0021152_10393320.jpgカラスノエンドウ(烏野豌豆:マメ科)の
花が咲きました

 d0021152_10395039.jpg







カラスノエンドウのおまめさん


d0021152_10465293.jpg



ハルジオン(春紫苑:キク科)は
はなざかり


d0021152_10473575.jpg



タネツケバナ(種漬け花:アブラナ科)は
種がはじける
[PR]
by tutinokai | 2007-04-28 13:51 | 田んぼの植物

4月の畦 せいぞろい

春を知らせてくれるのは
カエルの声とウグイスのさえずり
そして春の畦草の小さな花々

↓スズメノテッポウ(雀の鉄砲:イネ科)    ↓タネツケバナ(種漬け花:アブラナ科)
d0021152_23283515.jpgd0021152_2331914.jpg

d0021152_2341014.jpg
←タガラシ(田辛子、田芥子)
キツネノボタンとそっくりの花と実

ちくちくボール と まるまるボール

「キツネノボタンとタガラシ」土の会 2005.4


↓キツネノボタン(狐の牡丹:キンポウゲ科)     ↓タガラシ(田辛子:キンポウゲ科)
d0021152_23314944.jpgd0021152_23324518.jpg

↓キュウリグサ(胡瓜草:ムラサキ科)       ↓ノミノフスマ(蚤の衾:ナデシコ科)
d0021152_23373945.jpgd0021152_23472274.jpg

↓ハハコグサ(母子草:キク科)        ↓イヌガラシ(犬芥子:アブラナ科)
d0021152_2352390.jpgd0021152_23521635.jpg

↓オオジシバリ(大地縛り:キク科)      ↓サギゴケ(鷺苔:ゴマノハグサ科)
d0021152_23572631.jpgd0021152_23575252.jpg

↓ヘビイチゴ(蛇苺:バラ科)  黄色い花が咲き、かわいい赤い実がなります
 ヘビが食べるイチゴ? イチゴを食べにくる生き物をヘビが食べる? 諸説あり
d0021152_034559.jpgd0021152_04287.jpg

↓オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢:ゴマノハグサ科)
d0021152_082711.jpgd0021152_084125.jpg

↓ハルジオン(春紫苑:キク科)  咲きはじめました
d0021152_0115572.jpgd0021152_0121975.jpg

↓スズメノカタビラ(雀の帷子:イネ科)   たぶん↓チョウジタデ(丁子蓼:アカバナ科)
d0021152_0153489.jpgd0021152_0174173.jpg

d0021152_0284452.jpg
水路では

←スイバ(酸い葉:タデ科)

おままごとごはん の草
[PR]
by tutinokai | 2007-04-15 13:27 | 田んぼの植物

スズメノテッポウの音色

d0021152_22101781.jpg
スズメノテッポウが一面に広がる田んぼ
春の風景

d0021152_22111218.jpg子どもの頃に
あそんだなあ〜と
教えてもらったスズメノテッポウの笛

1:穂の部分をひっぱってとります

d0021152_22114050.jpg
2:葉っぱを
  折り曲げて、
  手で持ちます




d0021152_2212618.jpg
3:茎は空洞。
息を吹き込んで
音を鳴らします


畦にみんなで一列並んで

”ピー”  春の音色がしました。
[PR]
by tutinokai | 2007-04-15 11:51 | 田んぼの植物

春の田の草 ワンツースリー

春の畦は、花ざかり。
なかでも、ひとつの草花が田んぼを占有するのは早春ならではの景色です。
春、たくさんの草花が育つ季節に、いち早く咲いて種を残そうとする
植物ならではの知恵でしょうか。

d0021152_22301135.jpg
1ばん 
スズメノテッポウ
(雀の鉄砲:イネ科)

主に田んぼのなかに生えています

d0021152_22305058.jpg
2ばん
タネツケバナ
(種漬け花:アブラナ科)

田んぼのなかと畦に生えています

d0021152_22313572.jpg
3ばん
キツネノボタン
(狐の牡丹:キンポウゲ科)

スズメノテッポウ、タネツケバナに比べると
ぐっと少ないですが、3ばんて


これは、「土の会」4番田んぼ(奥側)の所感です。
田んぼによって植物の種も占有率も、それぞれです。おもしろいですね。


過去の「土の会」の記事をおさらい
タネツケバナについて
「田」の草花 2005.4

キツネノボタンについて
キツネノボタンとタガラシ 2005.4  幼虫の育ての親 2006.5
[PR]
by tutinokai | 2007-04-15 11:29 | 田んぼの植物

3月の畦

d0021152_22111061.jpg3月の畦
白い小花のタネツケバナ(種漬け花)が
一面に咲いています。
畦にも、田んぼのなかにも
タネツケバナとスズメノテッポウが広がる3月。


↓タネツケバナ(種漬け花:アブラナ科) ↓スズメノテッポウ(雀の鉄砲:イネ科)
d0021152_2213133.jpgd0021152_22181499.jpg

田んぼにまつわる植物 ↓タガラシ(田辛子:キンポウゲ科)
d0021152_22234381.jpgd0021152_22241767.jpg

花が咲いているのは 

↓オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢:ゴマハノグサ科)     ↓ノミノフスマ(蚤の衾:ナデシコ科)d0021152_22345468.jpgd0021152_22351571.jpg

↓オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草:ナデシコ科)↓ハハコグサ(母子草:キク科)
d0021152_2241279.jpgd0021152_22423144.jpg

d0021152_2358577.jpg花穂がついた

←スズメノカタビラ(雀の帷子:イネ科)

ハルジオンとヒメジョオン。咲く時期も違います。
お姫様(ヒメジョオン:姫女苑)は遅れてやってきます。

↓ハルジオン(春紫苑:キク科)     もうすぐ花が咲きます
d0021152_017569.jpgd0021152_020561.jpg

↓ヒメジョオン(姫女苑:キク科)    花芽はまだ固そうです
d0021152_0182198.jpgd0021152_0194873.jpg

まだ葉っぱだけの状態の畦草たち

↓オオバコ(大葉子:オオバコ科)        ↓オオジシバリ(大地縛:キク科)
d0021152_0294331.jpgd0021152_0305177.jpg

↓トウバナ(塔花:シソ科)           ↓ヘビイチゴ(蛇苺:バラ科)
d0021152_035176.jpgd0021152_0355264.jpg
[PR]
by tutinokai | 2007-03-18 14:12 | 田んぼの植物

2月の畦

d0021152_15555382.jpg2月の畦

どこから来たの?
昔っからここにいた。 遠い国からやってきた。
みんな一緒にここにいる
冬のあいだは眠ってた この畦土に抱かれて

今年もちゃんと芽を出した
いつもかわらないことの安心感


↓アメリカフウロ(亜米利加風露:フウロソウ科)   ↓オオジシバリ(大地縛:キク科)
d0021152_9594185.jpgd0021152_15442718.jpg


↓スズメノカタビラ(雀の帷子:イネ科)        ↓オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢:ゴマハノグサ科)
d0021152_15431294.jpgd0021152_100483.jpg

↓タネツケバナ(種漬け花:アブラナ科)    ↓ノミノフスマ(蚤の衾:ナデシコ科)
d0021152_15461755.jpgd0021152_15532055.jpg

↓ハハコグサ(母子草:キク科)        ↓ヘビイチゴ(蛇苺:バラ科)
d0021152_1554642.jpgd0021152_1554229.jpg

↓トウバナ(塔花:シソ科)
d0021152_1632393.jpgd0021152_1641983.jpg


こちらからは「ロゼット」 小さなバラ。 春を待ってる 赤ちゃん葉っぱ

↓ハルジオン(春紫苑:キク科)        ↓ヒメジョオン(姫女苑:キク科)
d0021152_1644291.jpgd0021152_165511.jpg
d0021152_1652510.jpg
[PR]
by tutinokai | 2007-02-11 13:58 | 田んぼの植物