カテゴリ:田んぼの生物( 87 )

コナギにたまご

d0021152_23323524.jpg日溜まりの田んぼ。
水もぬるくて気持ちいいです。

2週間前、抜かれずにいたコナギの葉っぱ
「イモ草」しかり、
葉っぱがふくらんできました。


d0021152_2224812.jpgみつけた私。抜いてみたらば...
あっ!たまご!

この2週間の頃に産んだ卵です
透明のゼリーのような中にたくさんの卵たち
コナギの葉鞘(葉のスジ)は、
生き物たちのベットです

何の卵なのでしょう?(?_?)?
モノアラガイか、サカマキガイの卵のようです
コナギを食べて大きくなって、卵もコナギに産みました♪
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 10:59 | 田んぼの生物

食うか、食われるか

d0021152_2304244.jpg田植えから20日。
さっそくやってきて、
稲を食べているのは ゾウさん。
稲の根元を食べています。
その名は「稲水象虫」

ゾウさんは、触るとポトリ。田んぼの水面に浮かびます。
うごかない。うごかない...
死んだ真似をするんだそうです。かわいいネ。

稲水象虫は、アメリカからの侵入害虫。
(1975年に愛知県で発生確認。現地点で全国区。お隣韓国にも分布を拡大している)
元は、湿地のイネ科植物やカヤツリグサで生活していたのが、米作の普及で害虫化した。
 
稲水象虫と稲象虫
象のような鼻の長い口を持ち、稲につくのでこの名がついた
稲水象虫と稲象虫。
稲象虫は泳げない → 山間の田に多い。稲水象虫より体が大きい。
稲水象虫は泳げる → 平地の田

4番田んぼは稲水象虫。
指で落としたら、死んだふりのあと、せっせと泳いでいました。

d0021152_23261780.jpg有力な天敵はいないゾウさんですが、
いました!
子守蜘蛛。稲水象虫の天敵です。

水面を、スルスルスルッと走ってゆきました。
卵を抱えた子守蜘蛛。
その名のとおり子守蜘蛛は、
稲水象虫やウンカを食べて、
卵から孵った子グモは親の背中で生活し、
やがて散らばります。

                        オマケphoto / 4月の子守蜘蛛
d0021152_2334449.jpg
あともう少しで、生まれるね。
クモの赤ちゃん。

  参照文献:「田の虫図鑑」農文協


稲水象虫に
たくさん食べられてしまった稲だけど、
稲の生命力に期待してます!
[PR]
by tutinokai | 2005-06-12 11:52 | 田んぼの生物

やあ、こんにちわ!

d0021152_0101916.jpg
田の草とりの田んぼ。
ザリガニいました!

「おたまじゃくし、いただいてます」
[PR]
by tutinokai | 2005-06-12 11:50 | 田んぼの生物

その名は ニホンアマガエル?

田起こしの4月。 ♪かえるのうたがきこえて♪ きました。

d0021152_2332824.jpg
  5月8日。
  苗代の水を張った田んぼに
  泡の卵を産みました。





  5月15日。
  おたまじゃくしの誕生です!!


d0021152_0184555.jpgd0021152_0192847.jpg






d0021152_0292761.jpg
  5月22日。
  田植えのおわった4番田んぼ
  苗の間を、
  おたまじゃくしが泳いでいます。





  田んぼの作業を、カエルたちはちゃんとみています。
d0021152_04721.jpg

  参考HP:ニホンアマガエルとシュレーゲルアオガエルの比較
[PR]
by tutinokai | 2005-05-22 10:28 | 田んぼの生物

田んぼ カモさん

d0021152_1114833.jpg  
 田んぼ カモさん散策中。
 いらっしゃいませ。
 夫婦(?)で、草や虫を食べにきました。
[PR]
by tutinokai | 2005-05-08 11:12 | 田んぼの生物

畦の散策

d0021152_1115624.jpg水路の草むらを散策中のベニシジミチョウ。
早春一番、橙色の綺麗なちょうちょ。

谷戸で、田んぼの水路。
幼虫のときに食べるスイバの生えた場所。
春だから、橙色の綺麗なベニシジミ。

調べるとわかること、なるほど! なっとく。

「ベニシジミチョウ」 シジミチョウ科
ベニシジミの幼虫はギシギシやスイバ、ノダイオウなどタデ科の植物だけを食べる。
ベニシジミは関東地方では年に4〜5回 程度発生すると考えられている。
ベニシジミ成虫のオスとメスは、模様の違いはほとんどないが、
季節によって色彩が変わり、春の温度の低い時期に成虫になると、
翅の表の橙色の部分が大きく、高温になるに従い黒い部分の占める割合が大きくなる。
春先には橙色が綺麗に見えたベニシジミも、真夏には黒っぽいチョウに見える。
ベニシジミは、全くの自然環境というより里山や都市公園 など、人が関わった環境を好む。

Yahoo!きっず図鑑 「ベニシジミチョウ」

[PR]
by tutinokai | 2005-04-10 13:09 | 田んぼの生物

ナナホシテントウ、5番田んぼ探検中。

d0021152_23571467.jpg
ナナホシテントウ、5番田んぼ探検中。

タネツケバナのトンネルをくぐって、
スズメノテッポウをのぼって、
急ぎ足のナナホシテントウさん。
[PR]
by tutinokai | 2005-04-10 01:57 | 田んぼの生物