カテゴリ:いのちの環( 57 )

いのちのリレー ③ ホタル

d0021152_23593924.jpg
田んぼのコナギを食べるサカマキ貝。
田んぼには、稲の根元に
左巻きサカマキ貝や右巻きモノアラ貝も
おりました。

田んぼにはヘイケボタル 
ヘイケボタルは「里のホタル」

?ヘイケボタルはなぜ水田に多いのか?
ヘイケボタルの幼虫は、止水のなかでも住める恵まれた適応力を備え、
水温や水質など身のまわりの環境変化に幅広く対処できる頑健な体質を持ち、
幼虫は身近にある食物なら何でも餌にしてしまうたくましい消化力を持っている。


ゲンジボタルのこと
d0021152_03467.jpg小川にはゲンジボタル 流れの場所に
田んぼの小川には、カワニナがいました。
川に落ちた葉っぱなどを餌にするカワニナ。
カワニナを食べるゲンジボタル

ゲンジボタルは
絶えずきれいな水が流れていないと
だめなのです。
餌はカワニナしか食べないのです。

ちなみに、幼虫が水生でありエラ呼吸をしているということは
世界的見地からみれば大変貴重とのこと。
2000種以上いるホタルの仲間のうち幼虫時代全体を水の中で過ごしているホタルは、
ヘイケボタルとゲンジボタルの他には1種が確認されているだけだという。

  参照文献:「人里の可憐な昆虫 ヘイケボタル」 ほおずき書籍

時は昔。
源平の合戦は源氏の勝利。
というわけで(?)、
ゲンジボタルが先で、ヘイケボタルはこれから。
おおよそ1年の幼虫の先、わずか10日ほどのホタルのいのち。
夜の闇に舞うホタルのほのかな光。
求愛のサイン。いのちを語り継ぐために。


代かきをしてコナギは生えて、
コナギという餌を食べるサカマキ貝。
サカマキ貝を食べるヘイケボタル


 ほ ほ ほたるこい 
 あっちの水はにーがいぞ こっちの水はあーまいぞ
 ほ ほ ほたるこい


Yahoo!きっず ホタルを見にいこう!


※舞岡公園には、水源地があり、多くの生き物の棲む自然豊かな谷戸ですが、
 近々、道路工事を控え、公園の一部もその区画に入っている状況にあります。
 人が、今より便利になるための道路。
 このホタルをはじめとする、たくさんの生き物たちの行方。
 いちど失ったものは、かえってはきません。
 この自然は誰のものですか。誰(人)のものでもないはずです。
[PR]
by tutinokai | 2005-06-12 10:36 | いのちの環

いのちのリレー ②「サカマキ貝」

d0021152_23235967.jpg
コナギが田んぼに生えたころ
株の根元や水面に、小さな貝。

小さな貝の名は、サカマキ貝。
貝殻は左巻き。
コナギはかじられて、
一時期生育がとまったようにもみえるそうな。

どんどん食べてサカマキ貝♪

コナギが生えて、サカマキ貝やってきた。
[PR]
by tutinokai | 2005-06-12 10:29 | いのちの環

いのちのリレー  ①「コナギ」

d0021152_232237.jpg
田の草とり。
田植えのあとの田んぼに、
ぐんぐん稲の苗。ぐんぐんコナギ。

 photo / 稲(左)とコナギ(右)




除草剤を使わない稲作ではヒエともうひとつの草が生えてくる。
それがコナギ。秋には美しい花が咲く。
サツマイモの葉に似ていることから「イモ草」とも言われる。

コナギを知ろう
ヒエの穂には100粒の種。コナギ1個の実には数千粒の小さな種。
コナギの種は、長生き10年以上。
前の年に一本残らずコナギをとったとしても、翌年になるとやっぱり生える。

コナギは田んぼでしか生えない。
田植えした田んぼしか生えない。
発芽するとき、酸素はキライ。酸素があると発芽をしない。
代かきをして、泥が積もって土の中が酸素不足になると発芽する。
コナギは稲が吸う肥料を吸って、稲の育ちを悪くしてしまう。
コナギは稲にとって強害草。けれど東南アジアではよく食べられるお野菜。

  参照文献:「田んぼの学校」入学編 農村環境整備センター

人が田んぼの代かきしたから、コナギは生えました。
[PR]
by tutinokai | 2005-06-12 10:28 | いのちの環

代かき水は命のスープ

代かきをした後の田んぼの泥。
太陽の日射しを浴びてあたたかみのあるやさしい泥。
きめ細かな泥が稲の根の生長を促進してくれる。

そしてそして... こんなニュースを知りました。
Yahoo!ニュース 毎日新聞
カブトエビ:今年も大発生、見に来てください 有機栽培農家・黒澤さんの水田 /宮城



水を張って田んぼの土をかき回す代かきは、
田んぼの土に水と空気を送り込む作業です。
実はこの水と空気によって、今まで乾いた土の中で眠っていた
たくさんの生命たちが目を覚まします。

生きた化石と呼ばれる生き物も目を覚まします。
ホウネンエビやカブトエビは代かき後に土の中の卵からかえります。
そしてわずかな間を田んぼの水の中で過ごし、再び卵を土の中に残すのです。
カブトエビはもともと砂漠の生き物でした。
そのため田んぼに水が入ったこの時期だけ発生し、
後の期間は卵で土の中で過ごします。
ホウネンエビはその名のとおり豊作をもたらすといわれました。
ホウネンエビがいるということは
餌となる微生物が豊富にいる豊かな田んぼをということなのです。

微生物によって土の中の有機物が一気に栄養分に分解されます。
この栄養分がまたたくさんの生命の源になります。
代かき水はまさに命を産み出すスープなのです。
もちろん栄養分たっぷりの水は稲にとっても大切な栄養です。
昔の農家の人はこの「代かき水」をとても大切にしたのです。

   参照文献:「田んぼの教室」家の光協会


この舞岡の田んぼのなかに、目にみえない小さないのちが
たくさんたくさん生きていて
そのひとつひとつがちゃんと繋がっている。
そのなかに人も(私も)いるということ。そんなことを想うと 心ほくほくとなる。

稲3株分(0.15㎡、ごはん1杯)の田んぼで、カブトエビは4匹育っています
稲3株分(0.15㎡、ごはん1杯)の田んぼで、ホウネンエビは11匹育っています
稲3株分(0.15㎡、ごはん1杯)の田んぼで、オタマジャクシは35匹育っています
稲3株分(0.15㎡、ごはん1杯)の田んぼで、ユスリ蚊(幼虫)は168匹育っています
稲3株分(0.15㎡、ごはん1杯)の田んぼで、ミジンコは5093匹育っています

d0021152_23513332.jpg d0021152_23542364.jpg
舞岡の田んぼにもカブトエビが住めるようになるといいなあ。
歩く科学 ホウネンエビ&カブトエビ
[PR]
by tutinokai | 2005-05-22 10:30 | いのちの環

テントウ虫

d0021152_142586.jpg
田んぼのそこここで、
テントウムシを見つけることができます。
テントウムシの成虫は
天気のよい日に活発に行動する。
日当たりのよい場所が大好き。
お天道さまの「天道虫」

ナナホシテントウの蛹(さなぎ)        ナナホシテントウの幼虫d0021152_1384151.jpgd0021152_2361235.jpgナミテントウとの違いはオレンジ色の部分の数。幼虫では、2ケ所のオレンジ色がめじるし。

「なんで、そこ(田んぼ)にテントウムシがいるのか」
→ 生き物が、其処にいることには理由がある。それは食べること。子孫を増やすこと。

ナナホシテントウはアブラムシを食べる。
アブラムシは植物の汁を吸って加害する。
また、ウイルス病を媒介し間接的にも被害を及ぼすいわゆる害虫。
そのアブラムシを食べるナナホシテントウは益虫。

調べてみたら、すごいゾ!テントウムシ。
テントウムシがふ化してから親になるまで、どのくらいの数のアブラムシを食べるのか。
ある研究によると、16日間の幼虫期間に食べるアブラムシは約600匹。
成虫になってからの10日間に100匹以上のアブラムシを食べる。
つまりふ化してから産卵するまで、
1週間のサナギの期間をのぞいた26日間に700匹以上のアブラムシを食べることになる。
これは1日平均27匹を平らげた計算になる。

田んぼに生える草花があり、その草花を求めて小さな虫が集まり、
その小さな虫を食べにくる虫がいる

今年はアブラムシが多いみたい。
だからきっと、ナナホシテントウもたくさん見つけられるんだ。
[PR]
by tutinokai | 2005-05-15 13:17 | いのちの環

田起こしの虫たち

春起こし(田起こし)の田んぼには、
d0021152_1533741.jpg田んぼで越冬していた、たくさんの虫がいる。
鍬を運ぶ先々で、あわてて歩き回るのは...
蜘蛛や、ゴミ虫(photo / 左 気の毒な名前...)や
黒に赤いハチマキをしたような虫「青葉蟻型翅カクシ」。
(「田の虫図鑑」によると、
体の朱色系は自然界では毒虫のサイン。
噛まれると大変腫れるとありました...)
ゴミ虫も青葉蟻型翅カクシもコガネ虫の仲間。


d0021152_027024.jpg子守蜘蛛も青葉蟻型翅カクシも
稲にとって害虫であるウンカの天敵。
お米にとって益虫。
ウンカは田植え後。
蜘蛛が子守をするのも、もう少しあと。

田んぼのなかは小宇宙。
いのちの環は、
お米を食べる「人」にも繋がっている。

d0021152_1194872.jpgphoto / さくらの花びらと蜘蛛(子守蜘蛛)

少し湿った土には、やっとみつけた!!
シュレーゲルアオガエル。
どじょうもいました、4番田んぼ。

三本鍬で土をかえすと、土のなかには
みみずさん(左)にオケラさん(右)。でっかいデス。 

d0021152_165179.jpgd0021152_171279.jpg

そして、水路からじわじわと流れてきた田んぼの水たまりには、
さっそくのアメンボ。

d0021152_1142774.jpg わかった!!

♪ みみずだって 
  オケラだって 
  アメンボだって

   これって田んぼの歌なんだ。
[PR]
by tutinokai | 2005-04-24 00:23 | いのちの環

アメンボとんだ !?

d0021152_23492041.jpg

水を張った田んぼには、
あめんぼスイスイ泳いでいます。
5番田んぼにとんできたアメンボ。
「ありゃ??
まだちょっと早かったみたい。」?
[PR]
by tutinokai | 2005-04-10 01:52 | いのちの環