<   2005年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

自然のバランス

トンボは一般的にメス一頭で一生に3000から5000個の卵を産みます。
卵は孵化するまでに食べられたり、都合の悪い場所に流されたりするので、
孵化できるのは数%です。
3000 → 300d0021152_4324847.jpg

孵化して出てきた幼虫も、
捕食されたり事故死したりで
羽化できるのはまたそのうちの数%です。
300 → 30

羽化した成虫も、
成熟して産卵できるようになるのは
またそのうちの数%です。
30 → 2

その結果、メスオス各1頭が生き残っていれば、また次の世代が生まれます。

つまり、今みているこのトンボは、
自然界では数千分の一の割合の生き残りで、
次の世代も同じ数の固体数を維持できるのです。

ところが、今トンボの飛び回っている池や田んぼが埋め立てられると
そこでは、次の世代がゼロになります。
水質が悪化したり、コンクリートで護岸されてしまったりすれば、
個体数は激減します。
  
   参照文献:「トンボのすべて」トンボ出版


今ここにいるトンボが、たくさんの試練を経て飛んでいる
かけがえのないひとつの生命であることがわかります。

トンボの保護は環境保護。 ホタルの保護も環境保護。
すべての生き物の保護は環境保護から始まるのだと思います。

食物連鎖の頂点にその文明を経て君臨する人類は、
環境を簡単に壊すこともできる。
けれど、地球規模で巻き起こっている破壊されていく環境に危機を感じ、
守れるのも、また人類だけなのではないのかなと
そんなふうに思います。
人間もまたその環境のなかでこそ生きている同じ生命なのだから。
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 15:50 | いのちの環

ヤゴvsオタマジャクシ トンボvsカエル

d0021152_341850.jpgシオカラトンボが、
稲の上をぐるぐると回っています。
「ここは、僕の田んぼだぞ。
 かわいい娘は歓迎するけど、
 他のオスは来ないでくれよ」

な〜んて♪



トンボは一生肉食性で、幼虫は水中の生きた小動物を捕食します。
餌はミジンコ、イトミミズ、ボウフラ、「オタマジャクシ」

ヤゴはオタマジャクシを食べる。

そして羽化してトンボになって。
成虫は空中、地上、葉上などの飛行中または静止している小動物を食べます。
カ、アブ、ハチ、コガネムシなど。

逆に成虫は鳥、魚(産卵中のトンボに水中からジャンプ。←これはスゴイ!ホント!?)、
肉食性の昆虫、「カエル」などに捕食されます。
  
   参照文献:「トンボのすべて」トンボ出版

d0021152_3594417.jpgトンボはカエルに食べられる。

なんと!形勢逆転!
オタマジャクシ=カエルもだまってはいませんね。
なんだかスゴイ。
生き物の世界。
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 15:30 | いのちの環

赤とんぼの唄

d0021152_2544826.jpg
春の田んぼにはヤゴがいました。
今日の稲にはじっと、
トンボがとまっています。
田の草とりをしている間、
じっとトンボがとまっています。
羽化して間もないのかな?



アカネ(Yahoo!きっず図鑑 アキアカネナツアカネはとてもよく似ていて、
この写真では同定できませんが、たぶんアキアカネ)

黄色いけれど赤トンボ。夕焼け小焼けの赤とんぼ。

アキアカネは、6月下旬に田んぼや湿地で羽化し、山に登る。
暑い夏の間、性的に未熟な固体(体色は黄色)として山上の涼しいところで餌をとり、
秋風の立つ頃、体色も赤くなって里におりてきます。
交尾、産卵をして晩秋に姿を消しますが、卵の状態で越冬し、
翌春湿地や田んぼに水が溜まると孵化し、初夏に羽化する。
このような里→山→里の成虫往復移動を繰り返しています。

  参照文献:「トンボのすべて」トンボ出版


赤トンボが暮らすためには、多様な環境が必要。
「秋津島、瑞穂の国 ニッポン」(秋津は赤トンボの大昔の呼び名)

d0021152_3312477.jpg
いってらっしゃい赤トンボ。
実りの秋にまた逢える
田んぼを飛び交う赤トンボの風景が楽しみです。
 photo / 2004.10 赤トンボ
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 15:05 | 田んぼの生物

Charlieさんの生き物のはなし

d0021152_2133356.jpg
畦の草刈りをしていると、
ぴょん ぴょん 跳ねるバッタたち。
みどりバッタ、ちゃいろバッタ。
ちっちゃいの、おっきいの、中くらいの。

「田んぼの畦は、
 おいしい草がいっぱいだなあ」


生き物がそこにいるには、ちゃんと理由がある。
 → バッタ、草を食べてます

羽根はまだないバッタは子ども。羽根が生えたら飛べるんです。
何のために飛ぶのでしょう?
 → 恋するためにバッタはそこから広い世界へ飛ぶのです

食べること、子孫を残すこと
生命を紡ぐために生き物はそこにいる。

「そこ」で生きるために、その体にもちゃんと理由が。
草っ原には、バッタ。
草と草の間を移動しやすいように体は縦長で、
ジャンプの着地大丈夫なように胸板は厚いです。

つながりを探そう。よくみてみよう。
なんでだろう?って考えるとみえてくる。ちゃんと「かんじん」みえてくる。

そして、大切にしよう「ここにいる理由」


photo / ショウリョウバッタ   yahoo! きっず図鑑 「ショウリョウバッタ」
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 13:32 | 田んぼの生物

6/26 雑木林から

d0021152_2241949.jpg雑木林から4番田んぼのながめ

梅雨のさなかの谷戸。
ミズキの実は大きくなって。
おたまじゃくしはかえるになって。
田んぼには、シオカラトンボに赤トンボ。
6月、水無月。夏本番はもうすぐです。

日ものびまして 夏至のころ
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 13:02 | 谷戸歳時記

ムクノキと梅雨空と

d0021152_2121999.jpg
降ったりやんだり梅雨の頃の空。
今日もちょっと曇りの空だけど、

ムクノキ見るには、上を向く。
ムクノキ、180㎝と少しです。


命名! エメラルドぐも(?)         赤ちゃんの芽、食べられちゃいました。     
d0021152_21523634.jpgd0021152_21532962.jpg
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 12:18 | ムクノキ&エノキ日記

おたまじゃくし

6月12日。
田車を押す先に、おたまじゃくしがたくさん泳いでいます。

d0021152_20331593.jpg
6月26日。
田の草とりをした
私たちの足跡には水が溜まってあったまり。
あちこち そちこち
足跡の水溜まりには、おたまじゃくし。
けっこうたくましいお顔をされています...



足が出てきた おたまもいます。        ↓4番田んぼの別の場所の水路で発見。
d0021152_20451240.jpgd0021152_20453087.jpg

おたまじゃくし?かえる? どこからがカエルだろ?
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 11:27 | 田んぼの生物

コナギにたまご

d0021152_23323524.jpg日溜まりの田んぼ。
水もぬるくて気持ちいいです。

2週間前、抜かれずにいたコナギの葉っぱ
「イモ草」しかり、
葉っぱがふくらんできました。


d0021152_2224812.jpgみつけた私。抜いてみたらば...
あっ!たまご!

この2週間の頃に産んだ卵です
透明のゼリーのような中にたくさんの卵たち
コナギの葉鞘(葉のスジ)は、
生き物たちのベットです

何の卵なのでしょう?(?_?)?
モノアラガイか、サカマキガイの卵のようです
コナギを食べて大きくなって、卵もコナギに産みました♪
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 10:59 | 田んぼの生物

田の草とり 2回目

d0021152_23241762.jpg
 2週間後の田んぼです。
 稲の高さは30㎝。
 ゾウさん「稲水象虫」減りました。
 稲は青々としています。
 コナギが少しまた生えました。





2週間前から成長したコナギ          コナギが生えて1ヶ月のおとなり田んぼ
葉っぱふくらんだ!               コナギってすごいな...
d0021152_23254523.jpgd0021152_23261094.jpg
 
[PR]
by tutinokai | 2005-06-26 09:43 | 田んぼ通信

6月の畦

d0021152_0502184.jpgその時にその花が咲く。

そのことがなんだかすごいと思います。
美しいって思います。

3億年前という太古の昔から、
繁茂しているというスギナ。

受け継がれてきた緑。
受け継いでゆく、今ここの緑。                       

 photo / ドクダミとスギナ
                       
yahoo!きっず図鑑 「ドクダミ」
[PR]
by tutinokai | 2005-06-12 12:42 | 田んぼの植物