<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大地の虫 自然のクワ

堆肥と一緒に田んぼに運ばれてきたミミズです(たぶん)。
d0021152_3253987.jpg
田んぼには従来、
イトミミズ類が泥のなかに生息しています。
水を張っていない冬の田んぼにとって、
ミミズは、うれしいお客さんです。

ミミズ(蚯蚓)は、
環形動物門 貧毛綱に属する動物の総称。
目が無く、手足も無く、紐状の動物。
名前は「目見ず」、
または土の中に生息し、日光を見ないことから「ヒミズ(日見ず)」からきたといわれる。

ミミズは土を食べ、そこに含まれる有機物や微生物、小動物を消化吸収した上で
粒状の糞として排泄する。
土壌形成の上では、特に植物の生育に適した団粒構造の形成に大きな役割を果たしている。
そのため農業では一般に益虫として扱われ土壌改良のために利用される。 
進化論で有名なチャールズ・ダーウィンは、晩年ミミズの研究も行っている。
ミミズの土壌形成に果たす役割を最初に指摘したのも彼だった。
晩年の著書に「ミミズと土」(1881年)がある。 参照HP / Wikipedia フリー百科辞典

というわけで、ダーウィンさんにも御墨付きのミミズなのであります。

人間の暮らしのなかでも生ゴミ処理のひとつとして、
ミミズコンポストが奨励され始めている。
ミミズは、上記のように有機物が堆肥化する過程で経る発酵・分解を体内で完結させる。
ミミズ糞は無機物で、ふかふかな団粒構造の土となっている。
すごいゾ、ミミズ! 人間の出したもの(ゴミ)がちゃんと土に還るって心地よい。

で、田んぼとミミズの話。
ミミズのなかまは田んぼ土を耕すだけでなく、
土に穴を開けていくことで雑草の種を土中に埋め込んでいる
(=芽を出しづらくするということ)。
さらに、ミミズを餌にふえるメダカや鳥のふんは、稲の良質の養分になる。


農薬、除草剤、化学肥料を使った畑や田んぼにはほとんどの生き物、
そしてミミズも生きることができない。
土が固まっているところにもミミズは住めない。
ゆえにミミズがいるということは「いい土」のひとつの指標。
生き物が生息できない畑の野菜や田んぼの稲は、人にとっても良くないことは明らかです。

そうして、「大地の虫」ミミズは、「自然のクワ」ともなって土を耕す。
田んぼの土が肥えればミミズが出る。ミミズが出れば、田んぼの土はもっと肥えてく。
ミミズは土に穴をあける。ミミズを目当てにモグラが来てこれまた穴をあける。
棚田ではこうした小さな穴が下の田んぼへと水がゆっくり流れる役割をするのだそうです。

ところで、ミミズ(この写真にあるミミズ)は水の中では生活できないようです。
水辺の周りの少し湿った場所(田んぼの畔等)を住みかにするとのことです。
冬の田んぼを「自然のクワ」で耕してもらったら、畦に避難してくれるといいな。
モグラが穴を開けたなら、人が畦塗りをすればよし。
「大地の虫」「自然のクワ」分解者ミミズといられる田んぼでありたいものです。
[PR]
by tutinokai | 2006-02-12 15:55 | いのちの環

春はロゼット

田んぼの畦に小さな春。
人知れず、けどしっかりと地に根をつけて。
ロゼットとは、「小さなバラ」という意味で、多年生の草の冬越しの姿をいう。
茎はまだない状態で、葉が地面にへばりつくように広がってる。
d0021152_15353897.jpg地面にへばりついている植物は、
草丈が高い植物よりも、
草食の動物に食べられる可能性が低かったり、
刈り取られても被害は少なくすむ。

畦の草刈り(人間)にも、対応している!?
ロゼットのみなさんなのでした。

←アメリカフウロ

↓葉が胡瓜の匂いがします「キュウリグサ」
d0021152_15373345.jpgd0021152_1536236.jpg


↓柔らかい葉の感触の「オランダミミナグサ」  ↓一面に小さな白い花「ノミノフスマ」
d0021152_15364088.jpgd0021152_15375273.jpgロゼットは、お互いに重なり合わないように、葉を出し放射状のきれいな模様をつくる。
中心部には、小さな葉に囲まれた芽がある。大切な芽が痛むと草はのびることができない。
冬の寒さからたいせつな芽を守るロゼット。

↓田んぼ一面に広がる「スズメノテッポウ」  ↓花咲く頃が種籾漬け時「タネツケバナ」  
d0021152_2144398.jpgd0021152_21443579.jpg
[PR]
by tutinokai | 2006-02-12 15:33 | 田んぼの植物

エノキの冬

すっかり葉を落としたエノキです。風強く吹く雑木林のてっぺん。まだ風は冷たいです。
d0021152_1626297.jpg
d0021152_16261671.jpg
アカボシゴマダラのさなぎの抜け殻が風に吹かれて揺れてます。
葉を落としたエノキにひとつ。白のその抜け殻。目立ってます。
こうして、つよく枝に固定して、蝶に孵っていったんだ。

d0021152_16391380.jpg株元に春を待つカマキリの卵(卵鞘 らんしょう)。
枝ごと落ちてしまった様子(エノキではない様子)。
このひとつの卵から、
4月から5月に200〜300匹の赤ちゃんが生まれてくる。

夏にコワイめ にあった私。
今年はよくそこここにカマキリの卵をみかけます。
敏感になっているのでしょうか(笑)。
卵の形から、これはオオカマキリの卵。
田んぼにいたあのカマキリ です。
あのカマキリでも沢山の卵。生き抜く厳しさを垣間見ます


カマキリの卵でその年の積雪予想ができる、と子どもの頃に教わりました。
カマキリの卵がある上には雪が降らないということ。
高い所にあるとその年、大雪(=寒い)になるって。ほんとかな?
(今年は、低い場所でよくみかけた気がします。けど大雪も降り、寒い冬な気がします。)
エノキの株元に落っこっちゃって、だいじょぶなのでしょうか?
でももう2月半ば、雨水の頃。もう雪も安心でしょう。


オオカマキリの卵は、低い木や生け垣の枝や枯れ草の茎などにつく、とあります。
エノキ、周りの草、低いものね。

d0021152_16393075.jpg
←「土の会」の記念樹は、
ムクノキの予定でありました。
3月に、改めてムクノキを植樹することになりました。
場所は、エノキのお隣です。
こちらムクノキ新予定地です。
3月からは、ムクノキ&エノキ日記です。
同じニレ科の成長を見守り、違いもみれてよかよか。

d0021152_17124287.jpg



事務所前に展示されていた
これが、アカボシゴマダラです!→
[PR]
by tutinokai | 2006-02-12 15:24 | ムクノキ&エノキ日記

雑木林から 2/12

d0021152_16114473.jpg
雑木林から4番田んぼのながめ
小寒、大寒1月を越えて、
冬のなかにも
小さな春の訪れ感じる2月。

雨水ぬるみ 芽吹き始める
雪解け 雨水の頃
[PR]
by tutinokai | 2006-02-12 13:43 | 谷戸歳時記

堆肥ふるい

d0021152_20503669.jpgd0021152_20512551.jpg蝋梅(素心蝋梅)の花いちりん。咲き始めたのをみつけました。
田んぼの畦道のほとり。目を愉しませてくれる里山の春。
田植えは春の先だけど、少しずつ準備を始めましょう。

d0021152_20445284.jpgd0021152_21553533.jpg堆肥をふるって田んぼにまきます。スコップで、遠心力をきかせて一面にまいていきます。
舞岡公園は持ち出さず、持ち込まず。
もちろん、堆肥というのは、畦の草刈りをしたりして堆積させてきた草堆肥。

d0021152_2158678.jpgd0021152_21584182.jpg堆肥場は、たくさんの人で力仕事。にぎやかな声がきこえてきます。
木の囲いのなかに草や落ち葉などを入れ、踏み込んで積み上げていきます。
積み上げた完熟した堆肥をふるって、ふるい目にかかったものはまた堆肥の囲いのなかへ。
時々、あめ玉の袋などのプラスチックゴミが混ざっています。
草や木が堆肥化していく(土へと還る)なか、
いくらたってもそのカタチを変えることのないプラスチック。
そういうものは美しくないです。

堆肥のなかから出てきたのは、まんじゅう虫(カブトムシの幼虫)。
舞岡公園では毎年、子どもたちがカブトムシの幼虫の里親になっています。
で、カブトムシになったら舞岡公園にもどしてもらう。
ちと持ち出して、ちゃんと持ち込む(返す)。
そんな素敵なこともある堆肥場、堆肥ふるいの春です。
[PR]
by tutinokai | 2006-02-12 09:56 | 田んぼ通信