<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

穀雨

d0021152_1325086.jpgカントウタンポポが咲く春の畦道

草木が動く 清明すぎて
姿知らずのカエルの声が渡る頃

春の優しい雨が、田畑を潤し、
穀物の成長を助けてくれる 穀雨の頃
(今年はあまりハレナイネ〜)


ホーホケキョケキョ うぐいすの声 ツバメの声は空に聴く

(カントウタンポポについて詳しくは、
土の会 white 2005.4 「カントウタンポポ」と「セイヨウタンポポ」 を参照のこと。

d0021152_295830.jpg
田んぼには人の笑い声。
苗の青葉を見守る4月

古民家の空に こいのぼり
[PR]
by tutinokai | 2006-04-28 14:30 | 谷戸歳時記

コゲラ子育て中

d0021152_1120788.jpg田んぼの畦に、一本の桜の木がありました。
短い切り株の部分は枯木になっておりました。
春になり、コゲラがやってきて、
洞を掘りました。夫婦でやりとり。
コゲラ:Japanese Pygmy Woodpecker
(ジャパニーズ ピグミー ウッドペッカー)
日本で生息している
もっとも小さなキツツキの仲間です。
やがて、コゲラは卵を産みました。

田んぼの畦にあるものですから、人通りもありました。
田植えの準備も始まりました。
けれど、人が近づいたら、コゲラは安心して子育てができませぬ。

人々は、しばらく畦の通行をやめて、田植えを遅らせ、
コゲラの子育てを見守ることにしました。
コゲラは、5〜6個の卵を産み、雌雄で抱卵、育雛する。
約12日で孵化(ふか)し、約22日で巣立つ。

たくさんの人の温かい視線をあつめて...
他の生き物にも心配りをする。そういうことが全体でできる、
そんな舞岡公園がすきです。

photo /
(見づらいですが、マル印の部分。餌を持ってきたコゲラが入り口にとまったところ)
[PR]
by tutinokai | 2006-04-28 14:17 | 谷戸歳時記

鳥は豊かさのバロメーター

d0021152_13193610.jpg
田起こしのあと、
田んぼのなかを歩いています。
(4番田んぼではありませんでしたが...)

←アオサギ。
田んぼのご用事なあに?



春から夏へ
田の虫たちも、稲の成長とともに活気づく季節。
その虫たちを食べに来ているのでした。
田起こしをするヒトは、それにひと役かっているのかもしれません。

田んぼには、目にみえないようなミジンコのようなプランクトンから、
このアオサギへと至るまで、食物連鎖のピラミッドのすべての物語が存在します。
ヒトもその環のなかで生き物たちともちつもたれつ稲を育てる。

鳥たちの多くの種は、食物連鎖の頂点にいます。
その中でも一番上位にいるワシやタカ類(猛禽類)が、全国で減少しています。
コウノトリやトキは絶滅の危機に追いやられたのはなぜでしょう。

田んぼに散布された農薬が稲から虫へ、魚や貝へと濃縮されていき、
最後は鳥にまで及んだこと。
エサであるドジョウやタニシやカエルが激減したのが主な原因。
田んぼが生き物を育み、いのちの環が巡り、鳥を育てる。

  参照文献:「ふくおか 農のめぐみ100」

↓コサギ                  ↓カモさん
d0021152_22075.jpgd0021152_2283772.jpg去年は、コサギをみました。今年はアオサギ。カモさん、スズメ...
たくさんの鳥との出会いに、にっこりします。
「ひとつ」でなくて「たくさん」がいいね。

「アオサギ(青サギ)」
一番大きなサギで、青灰色。田んぼでは、主にカエルを食べている。
一年中みられる。他のサギよりも夕方遅くまで活動する。

土の会 white 「食物連鎖」2005.7
[PR]
by tutinokai | 2006-04-28 13:15 | いのちの環

しあわせのナナホシ

d0021152_232164.jpgこの土の会のブログのなかでも多々登場する
テントウムシ。ナナホシテントウ
なんででしょう。
なんか好きなんです。
7つの星があるからでしょうか
お天道さまに向かうからでしょうか
はたまた
「♪てんとうむしのサンバ」だからでしょうか
なんでもです!好きなんです。

幼虫の頃はちとグロテスク。けど、アブラムシを食べてくれて、ありがたい虫。
葉の先、指の先、先まで歩いたら飛んでいく。
いろいろを知るほど仲良くなれる。知ってゆくから仲良くなれる。

カエルみたいに、フクロウみたいに、親しみ深いテントウムシ。
しあわせをはこんでくれる、そんなお天道サン。
今年も4番田んぼにいらっしゃい。

土の会white 「テントウ虫」2005.5
土の会 white 「冬のおてんとさん」2005.10
[PR]
by tutinokai | 2006-04-28 11:30 | 田んぼの生物

二本の樹

植樹から1ヶ月経ったムクノキです。
先輩エノキはこの丘で2年目の春です。

↓ムクノキ新芽               ↓エノキ若葉
d0021152_23102862.jpgd0021152_23113895.jpg
↓ムクノキ
(まだ葉が出ていないので、後ろの木々が目立ちます)  ↓エノキ

d0021152_23135540.jpgd0021152_23141133.jpg

d0021152_23144620.jpg
支柱を立てるために、
ムクノキの枝に巻いた木の皮。
その隙間にクモの巣。
もう周囲の生き物たちに、
その存在を受けとめられているのでした。

私たちが植えたムクノキいっぽん。
どんな物語が待っているでしょう。
[PR]
by tutinokai | 2006-04-23 16:04 | ムクノキ&エノキ日記

虫めずるエノキさん

雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ いたのでしょうか。
春を迎えて、アカボシゴマダラの幼虫は体が少し草色になったみたいです。
ちょっとふっくらもしたかな。
越冬した幼虫。
エノキの若葉をもりもり食べて、蝶ちょになって
ひらひら 生まれ育ったエノキから飛び立ってゆくのでしょうね。

↓2006.4.23                ↓2006.3.19
d0021152_223878.jpgd0021152_22393684.jpg
[PR]
by tutinokai | 2006-04-23 14:53 | ムクノキ&エノキ日記

花咲く春

d0021152_1441927.jpg花咲く春。
田起こし前の畦は花ざかり。

ヒトは畦草刈りをして...
花のいのちは短いですが、
毎年咲く草花の逞しさを思います。
刈った草は田に還し、
いのちを紡ぐことにします。

↓キツネノボタン
土の会white 「キツネノボタンとタガラシ」2005.4   ↓スズメノテッポウ              

d0021152_14423533.jpgd0021152_1442941.jpg
↓タネツケバナ
土の会white 「「田」の草花」2005.4     ↓ノミノフスマ

d0021152_14425494.jpgd0021152_14431194.jpg


↓カラスノエンドウ              ↓ハハコグサ

d0021152_14414454.jpgd0021152_14432325.jpg
↓ヒメオドリコソウ              ↓オオイヌノフグリ

d0021152_14435372.jpgd0021152_14412976.jpg
↓アメリカフウロ
土の会white 「アメリカフウロ 種結ぶ まで」2005.5  ↓トウバナ

d0021152_1634415.jpgd0021152_1635542.jpg

d0021152_14433969.jpg
←ハルジオン(春紫苑)
今年は、すぐにわかりました♪
ハルジオンとヒメジョオンの違い。
ハルジオンは、おじぎをしてる。
ヒメジョオンは、お姫さま。
遅れてやってくる。

土の会white 「ハルジオンとヒメジョオン」2005.4
土の会white 
「「お姫さま」は遅れてやってくる」2005.5



d0021152_14442998.jpg
←スイバ(酢葉:すかんぽ)
茎や葉を噛むと酸っぱいです。
シュウ酸を含んでいるため酸っぱいのです。
若葉をゆでていただきます。

花咲く春。
虫たちもよろこんでいます。きっと。
虫たちも大忙し。




ん〜〜  →→               ↓咲いた! オオジシバリ

d0021152_16352648.jpgd0021152_16354325.jpg
[PR]
by tutinokai | 2006-04-23 14:44 | 田んぼの植物

田起こしの虫たち 2006

いちばんのりの アメンボ            子守りの前の コモリグモ
d0021152_1221539.jpgd0021152_1225876.jpg

d0021152_124411.jpgかわいそうな名前ですが... ゴミ虫 →
今年も出逢えた。去年より親しみわくわく。

ゴミ虫は、コガネ虫の仲間。
自分より弱い小動物、死骸、有機物などを
食べる雑食者。
畑では、ヨトウ虫の重要天敵として
世界的に有名とか。
片付け上手なんです、ゴミ虫。
 参照文献:「田の虫図鑑」農文協

畦には アリンコの巣             もちろんミミズもいます
d0021152_1232379.jpgd0021152_1252615.jpg

土の会 white 「田起こしの虫たち」2005.4

土の会 white 「み...みてしまいました(アメンボ)」2005.7
土の会 white 「子守蜘蛛、子守する」2005.7
土の会 white 「大地の虫 自然のクワ(ミミズ)」2006.2
[PR]
by tutinokai | 2006-04-23 11:02 | 田んぼの生物

百姓仕事が自然をつくる

春の田んぼはカエルの合唱。姿はみせねど、声はする。畦を歩くとぴたりと鳴き止む。
じいっとひそめて待ってると、田んぼはカエルの声にすっぽり包まれる。

田起こし田んぼ。カエルもあせる。三本鍬で起こした土。
生き物たちに今年もあえました。
d0021152_1582814.jpgシュレーゲルアオガエルの泡のたまご(卵塊)
土を起こすと出てきました。
畦の土のなかに白い泡に包まれた卵塊を産む。
孵化してオタマジャクシになると
田んぼの方に流れ落ちる。
田起こしの後は水を張り、代かき、田植え。
オアタマジャクシも泳げるね。
カエルくん、
田んぼのサイクルをよくわかっています。

d0021152_147278.jpg
ドジョウ
土にもぐっていたドジョウです。
産卵数は、4000〜2万個。
これは他の魚よりも多い数です。
それだけ、他の生き物にねらわれる危険が
多いということ。
ごはんはミジンコ。
ドジョウにとって、田んぼの土のなかの方が
水路よりも危険が少なく、
ごはんのミジンコもたくさんいます。
田んぼは、秋には水を抜く。困ったドジョウは水路へ向かう。
田んぼと水路。行き来できるということが、ドジョウを育むことができる田んぼです。

田んぼは、その自然環境に人の手を入れて作られた湿地。
湿地は、多様な生き物を育むことのできる場所。
「人工」の湿地(田んぼ)であっても、
稲の成長(人の利益)だけを追求し、周りをコンクリートで固めて整備をしたり、
農薬を使い、多くの生き物を排除するような場所にしなければ、
こうして多様な生き物が生きることができる。
生き物たちも、田んぼの作業にほぼ添って、そのいのちの環を維持している。

「百姓仕事が自然をつくる」
お金にかえられないかんじんなものがある。
その自然のなかに自分もいるということがわかったら、心あたたかになるでしょう。
心強くもなるでしょう。

  参照文献:「「百姓仕事」が自然をつくる」宇根 豊著 築地書館
[PR]
by tutinokai | 2006-04-23 10:24 | いのちの環

オケラッタ♪

d0021152_17171425.jpgmole criket=モグラコオロギ
オケラ(ケラ)。
上半身がモグラ、下半身がコオロギのような
土掘り名人オケラです。
大きなその前脚で、根っこなどもなんのその。
なんとオケラは、
飛ぶこともできるし、泳ぐこともできる
マルチな才能の持ち主。


体に毛が生えていて、土のなかで土が体に着かないようになっている。
そしてその毛の間に空気と油が含まれていることで、水に浮くこともできるというワケ。

その羽根で、「ジーーー」と鳴く。コオロギのよう。
(昔はミミズの鳴き声といわれたそうな)

食性は雑食性。
植物(イネ、ムギ、芝草など)の根や葉、小動物(ミミズ)、昆虫の死骸などを食べる。
稲作をするヒトにとっては、害虫?益虫?どちらでも♪
d0021152_21531049.jpg
湿った土の中を好み、
成虫で越冬し、春が産卵期。

田起こしは春。オケラさん大慌て。
みつけるとすばしっこく、
すかさず土のなかへ。
その姿がなんだかかわいい。
(photo 右:オケラさんのおしり)

ひと財産なくしてしまった時に使う言葉、「オケラになる」。
オケラを手で掴むと、大きな前足を持ち上げる姿が、「お手上げ」のポーズに見えるため。
土掘り名人、空を飛び、泳ぎもできるマルチなオケラさんなのにね。

湿った土を好む=田んぼ好条件!のオケラは、今では「幻」といわれもするほど
姿を消しつつある珍しい虫にもなっています。
それは、近年の水田環境の変化。
周囲や水路のコンクリート化、U字溝に落ちると這い上がれずに死んでしまう...
と、地中に穴を掘って生活しているオケラにとっては厳しい生息環境におかれたことから。

田んぼが、ヒトだけではなくて多くの生き物とともにあることのしあわせを
想わせるオケラさんなのでした。
[PR]
by tutinokai | 2006-04-23 09:50 | 田んぼの生物