<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いのち育む樹

こうしてみると違いもわかりますね。
↓ムクノキ           ↓エノキ
d0021152_573029.jpgd0021152_57484.jpg

若葉の茂るエノキには、ムクノキのひとあしお先に、虫たちが集まって来ています。
2年めの貫禄!?
d0021152_5111557.jpgd0021152_5113162.jpg

d0021152_512131.jpgd0021152_512206.jpg

                 あ、食べちゃった↓
d0021152_5125294.jpgd0021152_513761.jpg

d0021152_5152062.jpgd0021152_5153528.jpg


ムクノキの枝先の卵は、もう孵っておりました。
d0021152_5252989.jpgd0021152_5255472.jpg


虫こぶどうなったかな ひきつづき観察中。
↓ぽろりと手でとれました           ↓開けてみたら、あッ!

d0021152_5164049.jpgd0021152_5181775.jpg
[PR]
by tutinokai | 2006-05-24 13:38 | ムクノキ&エノキ日記

小満

ニワゼキショウが畦に咲きました。
d0021152_424925.jpgd0021152_4242397.jpg

陽気が満ちる 小満の頃

↓エゴノキ咲いて              ↓桑の実熟し お蚕さんもうれしい若葉
d0021152_428861.jpgd0021152_4282315.jpg

↓花には蜂が                ↓柔らかな若葉です
d0021152_4375588.jpgd0021152_432541.jpg

d0021152_4393930.jpg
曇りの多いこの頃です。
丘へと上がる雑木林のなか、
谷戸学校の卒業製作した木の階段には
きのこ のこのこ
[PR]
by tutinokai | 2006-05-24 13:23 | 谷戸歳時記

生き物たちのそれぞれの場所

田植えから3日後の田んぼ。待ってました!の虫たち。
さっそく活動中です。

田んぼの何処にいる?虫たちはそれぞれ田んぼの好きなところがあるのです。

稲の葉の上には...
↓イネミズゾウムシ(稲水象虫)       ↓ヒゲナガハナノミ(オス)
d0021152_21411120.jpgd0021152_21421790.jpgゾウさんは稲の葉を食べます。植えて3日後の苗ですが、もうたくさん食べております。
ヒゲナガハナノミは、幼虫は水中で過ごすのだそうです。
他県ではレッドリスト(保護生物)になっていたりします。

水面(水の上)には...
↓アメンボ                 ↓トゲヒシバッタ
d0021152_21441864.jpgd0021152_21412750.jpg
田んぼにいちばんのりのアメンボ。
トゲヒシバッタは泳ぎが上手です。胸部から左右にトゲがあるのが特徴です。

d0021152_2143642.jpg
子守クモもお腹に卵を抱える季節です。
水面も、すばやく走ってゆきます


水の中には...
↓丸タニシ(...と思われマス)         ↓ドジョウ
d0021152_21443348.jpgd0021152_21444612.jpgおっきなタニシがいました!たぶんこの4番田んぼには1、2匹しかいないと思われます。
どじょっこもいました。少ない水でも体をゆらして泳いでいます。

d0021152_21451054.jpg
畦には...
ムクドリ
ちょんちょんと散歩。虫を食べにきています。

水、土... 田んぼの其処ココの場所が
生き物たちのライフステージです。
[PR]
by tutinokai | 2006-05-24 11:39 | 田んぼの生物

田植え

代かきの田。1週間経ちまして。
空気たっぷり、細やかな泥。準備OK!
苗代で苗取りをします。舞岡公園は、餅米と古代米の田。
私たちは餅米の苗を。3回めの田植えです。
d0021152_18335326.jpgd0021152_18332617.jpg

d0021152_18445771.jpg今年もジャンボ熊手のような道具で
線を四方に引きます。
苗取りをして100本位の束にし、
藁で結わきます。
田のそここに苗束を放り投げます。
そして
線が交差した所に植えていきます。
今年は日照不足のため、
苗が細かったので4本植えとなりました。

苗一本が3本となり、そしてその一本の穂から千粒のお米になる。
4本植えにしたその一株から3000〜4000粒のお米になります。
3000〜4000粒でお茶碗一杯ぶんのごはんです。

d0021152_18522554.jpgd0021152_1852441.jpg
水を張られた田んぼです。水面に雑木林を映しています。
毎日食べているお米の物語が今年も始まりました。

去年の様子 土の会white 「田植え」2005.5.22
[PR]
by tutinokai | 2006-05-21 10:25 | 田んぼ通信

幼虫の育ての親

d0021152_23241286.jpgキツネノボタンのこんぺいと
ぐんぐん育つ葉っぱを
ムシャムシャ
春は、植物も虫たちも大忙し。
もちつもたれつ
こんぺいとは、虫たちの育ての親

畦の植物は、稲をそうして
守ってくれてもいるのでしょう。

草刈り「てーげー」
稲作、植物、生き物 ゆいま〜る


d0021152_23243331.jpgd0021152_23244973.jpg
虫たちモリモリ食べていますが、全草にプロトアネモニンという成分が。
人にとっては、腹痛、下痢、嘔吐... 御注意を。

d0021152_23252630.jpgd0021152_23255446.jpg
[PR]
by tutinokai | 2006-05-14 14:50 | 田んぼの植物

ま〜だだよ。

エノキには若葉が茂っています。
ムクノキはまだの様子。
みんなで少し心配しています。無事育ってくれているでしょうか。

↓ムクノキ           ↓エノキ
d0021152_16235465.jpgd0021152_162486.jpg

d0021152_17114375.jpgムクノキの枝には、
ちいさなちいさな
クモたちが、
競うように巣を張っています。

d0021152_171218.jpg


去年、エノキの枝にあった卵と似ています。こんどはムクノキの枝のてっぺんに。
葉がまだつかない枝のころが、この産みの親虫にとって都合がよいのでしょうね。
d0021152_17151461.jpgd0021152_1715305.jpg














エノキは若葉を広げています。         虫たちは葉の陰でひとやすみ。d0021152_17203330.jpgd0021152_1720523.jpg

おお!ちときもちがわるい〜。エノキの葉に虫こぶがありました。見守ることにします...
d0021152_17234060.jpgd0021152_17235418.jpg
[PR]
by tutinokai | 2006-05-14 14:49 | ムクノキ&エノキ日記

人とオオバコ

d0021152_024925.jpgオオバコ(大葉子:オオバコ科)

4番田んぼの畦道に
大きなオオバコ生えまして。

オオバコは、
農道など行き来の多い場所に
好んで生える植物。

なぜだろう オオバコが其処にいる理由

ひみつは、オオバコの種にある。
オオバコの種は、雨に濡れると粘液で包まる。
人の靴、車のタイヤなどに、種はくっついて運ばれていく。
雨ふりが多くなりはじめるこれからの季節。
おっきなオオバコ、種結ぶ頃。

人によって踏み固められた地面。他の植物が生えにくい地で成長できる。
ライバルも少ないワケである。

人の踏み跡に沿って分布を広げるオオバコ。
オオバコにとって、畦道と人は、なくてはならない存在なんだね。
オオバコの知恵。
植物ってすごい!
[PR]
by tutinokai | 2006-05-14 14:48 | いのちの環

春の畦は花ざかり

d0021152_2384334.jpg5月の畦は、
お花の季節。
畦塗りした土に根を張り、
土を崩れにくくもしてくれます。
そうして美しい田んぼの風景はある。

草刈り。
...してしまうけど
はっとするほどにキレイな
小さな花が咲いています。
ゆっくりの目がポイントです。 土の会white 「春の畦」2005.4

↓オニタビラコ(鬼田平子:キク科)田んぼに張り付くことから「田平子」
 小さな黄色い花と小さな綿帽子
d0021152_2325297.jpgd0021152_2333126.jpg↓カタバミ(方喰:カタバミ科)       ↓ハハコグサ(母子草:キク科、別名ゴギョウ)
 3枚のハート型。夜には閉じる葉っぱ      柔らかい優しい葉。ので「母子」と連想

d0021152_2335028.jpgd0021152_2345179.jpg
↓キュウリグサ(胡瓜草:ムラサキ科)         ↓ヘビイチゴ(蛇苺:バラ科)
 葉っぱの匂いはキュウリの匂い 小さな青い花   ホントはヘビは食べません。ヒトは食べられマス

d0021152_2351486.jpgd0021152_2353086.jpg
↓トウバナ(塔花:シソ科)         ↓スズメノカタビラ(雀の帷子:イネ科)
 もうすぐピンクの花。石塔の九輪のよう。    人里でおなじみの草花

d0021152_2354595.jpgd0021152_2362638.jpg

水路の方もみてみましょう
↓ミゾソバ(溝蕎麦:タデ科)にっこりキツネ ↓スイバ(酸い葉:タデ科)オママゴトゴハン
土の会white 「こんぺいととキツネ」2005.11 土の会white 「畦の散策」2005.4
d0021152_23493129.jpg d0021152_23494735.jpg


d0021152_0105148.jpg→ハルジオン(春紫苑:キク科)

ほんとにきれい
春の畦は花ざかり
しばし、作業の手を休めて
足元の小さな花と時間を過ごすのも
いいでしょう♪
[PR]
by tutinokai | 2006-05-14 14:47 | 田んぼの植物

立夏

タンポポの綿帽子。飛んでゆくのは初夏の空。
d0021152_14571494.jpgd0021152_14573466.jpg


d0021152_159349.jpg夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る

立夏 暦の上ではもう夏です

田んぼのカエルが鳴き始め
ミミズが地上に現れ始める頃


桑の実が熟し始めて              もみじの花のヘリコプタ
d0021152_15145975.jpgd0021152_15174251.jpg

水を張った田んぼ 水面にしとしとと雨粒の輪  畦の草にも 光る雨粒
d0021152_1524555.jpgd0021152_1517589.jpg
[PR]
by tutinokai | 2006-05-14 14:46 | 谷戸歳時記

代かきと畦塗り

d0021152_13522697.jpg代かき。
大小の泥土をかき混ぜて、
草を泥のなかに沈めて肥やしとし、
空気を泥土のなかに入れ、平らにする。
時間が経つと土が沈んで、
いよいよ田植えを待つ田んぼになる。

お水がだんだん入ってきました。 →


↓代かき                   ↓畦塗り
d0021152_13533182.jpgd0021152_13553483.jpg

 数日後、田にお水を入れています。 
↓隣の田からじゅんぐりに。緩やかな棚田です。 ↓「水田」になりました
d0021152_1356508.jpgd0021152_135779.jpg

d0021152_14111071.jpg
苗代、きみどり。
今年は、曇りのひが多いので、
成長がちと心配。

もうすぐ田植えです。


d0021152_14183858.jpg水を張った田んぼに
梅雨の走り雨
水の輪がひとつ、またひとつ広がって。
土の匂い。
カエルの声と鳥の声。
きれいな のどかな 田んぼの風景


土の会 white 「代かき水は命のスープ」2005.5

[PR]
by tutinokai | 2006-05-14 09:48 | 田んぼ通信