<   2006年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

7月のとんぼ

d0021152_21421396.jpgアカネ
赤とんぼ
ナツアカネかなアキアカネかな

稲にとまって
休んでいます

オオシオカラトンボ(photo:左)
ちょんちょん尾を田んぼにつけて、卵を産みつけています
d0021152_21462914.jpgd0021152_214647100.jpg
田んぼの水際、朝露に濡れた羽が乾くのをじいっと止まって待っています(7/12)
d0021152_21531241.jpgd0021152_21532637.jpg

d0021152_2257178.jpg
黄とんぼ(7/27)
胸紋がないので、
薄羽黄トンボ(ウスバキトンボ)。
別名、盆トンボ。精霊トンボ。

近くにやって来てくれる
人なつこいトンボです。
d0021152_22571424.jpg6月、
田植えが終わり、
水の張った田んぼに産卵。

田んぼに産卵できるのは、
稲の葉が茂る前。
田植えから20日以内といわれる。
産卵で田んぼに舞い降りる時に、
稲が邪魔になるから。
d0021152_22573354.jpg
7月、
田んぼで生まれます。

産卵して、5日後に幼虫が生まれ
脱皮を5回繰り返して、
30日で成虫になる。
なんともスピード成長のトンボです。


薄羽黄トンボは、渡りトンボ。東南アジアからやってきた。
薄羽黄トンボは、水田定住派と移動派がいる。
定住派は、稲刈りの時期まで見ることができる。なかには長生きサンもいる。
移動派は、日本列島を北上を続ける。
だけど! 
薄羽黄トンボは寒さが苦手。移動先(日本)で、越冬できず死んでしまいます。
では、なぜ、北上するのか。それはちゃんとはわかっていません。
遠い東南アジアから、産卵し、成虫になり、世代交代をしながら、また旅をする。
そういう本能がDNAに組み込まれているのでしょうか。

そうしてまた次の年、
東南アジアの定住派が産んだ卵から孵ったトンボが、また海を越えてやってくる。
...運命を感じます。いのちの不思議。

d0021152_22574950.jpgd0021152_22581383.jpg

参照文献:
「「百姓仕事」が自然をつくる 2400年めの赤トンボ」宇根豊著 築地書館
[PR]
by tutinokai | 2006-07-27 16:40 | 田んぼの生物

1/1000 のいのち

d0021152_21142383.jpg...
ざんねんな光景
何かの原因で、羽ばたけなかったトンボ

だけど、卵の数が3000〜5000個で、
そのうち羽化できるのは30頭。
もうここで、1/100以下の確率。
卵を食べられたり、
ヤゴのうちに食べられてしまったり、
こうして羽化できなくなってしまったり...
こういう理由。

そして
成虫となり、卵を産めるようになるのは、3頭。
1/1000 の命を繋げるトンボ。

大切に と、思います。  土の会 white 2005.6「自然のバランス」
[PR]
by tutinokai | 2006-07-27 14:13 | いのちの環

大暑

d0021152_20115569.jpg大暑
読んで字のごとく
いちばん暑い

ぐんぐん伸びる稲
もりもり食べるイナゴ

トンボも巣立ち、稲にとまった抜け殻を見つけるたびに
なんだかうれしくなります。
d0021152_20215051.jpgd0021152_20221177.jpg

だけど今年は曇り空の多いこの頃 日照不足がちと心配です
[PR]
by tutinokai | 2006-07-27 14:09 | 谷戸歳時記

ぷっくりコナギ

d0021152_0542098.jpg田の草とりから
抜かれずに成長したコナギ
ぷっくり葉っぱになりました。

もちつもたれつ
その力強さになんだかほっとする
[PR]
by tutinokai | 2006-07-27 14:02 | 田んぼの植物

あかちゃん

d0021152_1193181.jpg
生まれたばかりの
食べざかりの
あかちゃんたちが
稲と一緒に育っています。
d0021152_119578.jpgd0021152_1195153.jpg
[PR]
by tutinokai | 2006-07-27 14:01 | 田んぼの生物

それぞれの此処 田んぼ

小さいクモや(ハナグモと思われる)   大きいクモや
d0021152_1331837.jpgd0021152_1334857.jpg
d0021152_1482877.jpg

小さいバッタや(ヒシバッタ)       大きいバッタ(ショウリョウバッタ)
d0021152_1341435.jpgd0021152_134262.jpg
同じ仲間でも それぞれの個々。
それぞれに名前があり、それぞれの種を、いのちを受け継いでゆく
               (トゲヒシバッタ)
d0021152_1345696.jpg
この田んぼで生まれ、一生を過ごすもの  卵を産みにやってきたもの 
ここから飛び立ってゆくもの  ふらっとあそびにきたもの(?)
d0021152_2314696.jpgd0021152_231574.jpgd0021152_2312098.jpg

d0021152_1541636.jpgd0021152_2393795.jpg

稲を食べに来たもの  田んぼに食べ物を求めて来たもの
強き者が、弱き者を食べ

d0021152_158547.jpgd0021152_2202853.jpg
それぞれの此処  それぞれが此処  田んぼ
[PR]
by tutinokai | 2006-07-19 14:23 | 田んぼの生物

青田吹く風

d0021152_20375425.jpg風が緑の田んぼに吹き渡る

なびく なびく

吹き渡る

d0021152_20574011.jpg頃は梅雨明け 
爽やかに頬過ぎる風

風のかたちがみえました
[PR]
by tutinokai | 2006-07-12 14:30 | 谷戸歳時記

おそろい

d0021152_2112739.jpg
みてみて
よ〜くみて

抜け殻のある葉の上

アブかなハチかな
おんなじ格好
2匹おそろい
[PR]
by tutinokai | 2006-07-09 15:59 | 田んぼの生物

忙しい季節

d0021152_2248297.jpgd0021152_22473343.jpg薄曇りの7月。

ムクノキも
エノキも
元気です♪


ゆうに、私の背を越えている両者。
てっぺんは、もう高く見上げます。
d0021152_2252074.jpgd0021152_22522567.jpg

エノキの葉っぱで繰り広げられる生き物たちのそれぞれは...
d0021152_22551862.jpg
恋の季節や、

食べものを求めて集い、

そして、食べものを得るために、待つ。
d0021152_22555177.jpg


d0021152_22561017.jpg忙しい季節です!
[PR]
by tutinokai | 2006-07-09 15:46 | ムクノキ&エノキ日記

7月の糸トンボ

稲の間を、ふわりふわり糸トンボが飛んでいます。
じいっとみていないと気がつかないくらい繊細な、きれいな青い糸トンボ。
(まんなかの葉っぱに止まっています)
d0021152_1642174.jpg
しっぽが青いです。
節を判別することができないので
同定は難しいですが、
アジア糸トンボ(オス)と思われます?
あるいは青紋糸トンボ(オス)。

幼虫(ヤゴ)の時は、ミジンコや、ユスリカの幼虫などを捕まえて食べ、
成虫になると、ハエ、ユスリカなど小さな飛ぶ昆虫を捕まえて食べる。
写真のイトトンボは成熟したオス。
雑木林で過ごし、成長して、恋の季節は田んぼに帰ってきました。
[PR]
by tutinokai | 2006-07-09 15:45 | 田んぼの生物