<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

君の名は...

d0021152_0404863.jpgさて、調査の続きの、我らムクノキです。
秋が深まり、色づき始めた雑木林ですが、
こちらはまだ緑の葉です。

d0021152_0434340.jpg

たくさんの生き物が憩う場所になりました。
昼下がりの陽の光を浴びながら、葉のうらにはでんでんむし。きれいです。

d0021152_047209.jpgd0021152_0473142.jpgまた幼虫がいました。そして、飛び立ったチョウの抜け殻、白い跡。
きっと最初にみつけた幼虫が飛び立っていったのだと思います。

蝶の名は、「アカボシゴマダラ」とわかりました。(蝶の専門家の先生にお聞きしました) 
背中の突起が4対なのが決めてだそうです。
アカボシゴマダラ タテハチョウ科 原産地:奄美大島

そして、このチョウ、アカボシゴマダラを調べると、こんな事実がありました。

「侵食広がる外来種 昆虫界“汚染” マニアが放虫か 専門家「生態系乱す恐れ」 」
  西日本新聞 2003.08.22掲載
タテハチョウの仲間の中国原産アカボシゴマダラが神奈川県に定着したことが、
同県のチョウ研究者らの二十一日までの調査で分かった。
大半は、マニアが飼育した虫を故意に放ったためとみられ、
専門家は「放虫ゲリラ」と呼んで批判している。
アカボシゴマダラは羽を広げると幅七—九センチになる大型のチョウ。
奄美諸島や中国などに分布する。
神奈川県のチョウは、羽の模様から中国南部の系統と判定された。
生きたチョウの輸入は通常認められていない。
まず一九九五年に埼玉県各地で初めて採集されたが、定着しなかった。
これも出現状況から放虫ゲリラによるとみられている。
次いで九八、九九、二〇〇一年に神奈川県の藤沢市などの湘南地方で、
ぽつぽつ目撃された。〇二年には湘南一帯で広く採集され、
エノキの幹に付いて越冬する幼虫も多数見つかった。今夏はさらに増え、
鎌倉市を中心に分布域を広げつつあり、マニアが採集に駆けつけるほどだ。

環境省 外来生物法のなかでは、
「選定の対象とならないが注意喚起が必要な外来生物」として挙げられている。
なかで、侵入、定着は人為的な放蝶行為によるものと考えられており、
本種の幼虫は食樹エノキの枝の分岐、幹上でも越冬するため、
落葉で越冬する在来種ゴマダラチョウ幼虫よりも早く新葉に到達し、
到達した葉上で台座を作りその位置を占めることができるため、
アカボシゴマダラの方が優位ではないかと推察されている。 ...とある。
 
そこで度々登場する気になる3文字。「エノキ
アカボシゴマダラの食樹はニレ科のエノキ属。ムクノキはニレ科のムクノキ属。
もういちど復習。谷戸学校での葉の観察。
d0021152_1134324.jpg
        ムクノキ       エノキ
 全体の形* 卵形(狭卵形)    楕円形(広い卵形)
       単葉         単葉
   葉脈* 枝分かれ       枝分かれ
  葉の縁* 鋸歯         全縁、歯牙
 葉の先端* 尖鋭頭        尖鋭頭
 葉の基部* 円形(広いくさび形) 左右不同
 葉の厚み* 洋紙質(やすり)   洋紙質
葉のつき方* 互生         互生
触った感じ* ざらざらしている   つるつる(つやあり)
   匂い* みどり        みどり
  その他* 基部から3本の葉脈   基部から3本の葉脈

葉の基部が、左右不同。それから手触り。
ありゃ、君の名はムクノキではなく、「エノキ」のようです。

それは、この木にやってきた一匹の幼虫が教えてくれたこと。
by tutinokai | 2005-10-23 13:39 | ムクノキ&エノキ日記

冬のおてんとさん

d0021152_2355096.jpg
冬のおてんとさん。
ナナホシテントウ。
刈田のなかの、赤と黒。
けっこうに、目立っています。

天道虫、しかり、秋深まるお天道様の下、
田んぼのなかをとことこあるく。


テントウムシが秋に。
テントウムシって春の虫?越冬は?
藁色の田んぼに目立つ色。小鳥にみつかって食べられたりはしないかな?

テントウムシを捕まえると、黄色い液が出てきます(足の関節からだって!)。
この液には、アルカロイドという物質が含まれ、特有の臭いと苦みがあり、
小鳥やアリなどはこの液を嫌う。
それで、テントウムシは捕まって餌にされてしまわないのです。

テントウムシは、多くの個体が集まって、集団で越冬する。
寒さをしのげる、石の下や落ち葉の下、朽ち木の中などで集団でおしくらまんじゅう。
冬を越します。

やっぱりすごいゾ!おてんとさん。
(5月の記事 いのちの環 すごいゾ! テントウ虫 を参照)
今日の日は晴れ。葉っぱの上に出て日なたぼっこだったのかな。

テントウムシの寿命は約3カ月間で、
3月〜11月までの活動期の間、何回も世代交代をくり返し、冬を成虫で迎える。
(余談ですが、この時期、畑の冬大根でテントウムシをよくみかけます)

きっと、このおてんとうさんは、冬を越えてゆくのでしょう。
お散歩の先、みんなのところへかえるとこ。

by tutinokai | 2005-10-23 13:04 | 田んぼの生物

雑木林から 10/23

d0021152_22405441.jpg雑木林から4番田んぼのながめ

稲刈りのあと 休息の田んぼ

春、夏、秋と稲を育んできた田んぼ
おつかれさまの田んぼです。

霜が降りるのはもう少し先、寒さ感じる
霜降のころ
by tutinokai | 2005-10-23 12:30 | 谷戸歳時記

秋の畦

d0021152_221431.jpg
稲刈りの秋。
藁の色に包まれた田んぼに、
明るい可憐な花が咲いています。
小さなまるい雨露のしずく。


d0021152_22165119.jpg
田んぼは、人と自然が長い長い時間をかけて
創り上げてきた調和の産物。
ちいさな花に心たおやかになります。


自然の営みのなかに人々の暮らしがあり、人々の暮らしのなかに自然の営みがある
田んぼの風景は人間の暮らす自然なのです。  参照文献:「田んぼの教室」家の光協会


 実るほど 頭を垂れる 稲穂かな    ...詠み人知らず。

稲穂は実れば実るほど穂先を垂れ頭を下げることから、
君子は学識や徳行が深まるほど謙虚になるものだということ。
地位が上がっても謙虚に生きなさいという戒(いまし)め。

人は自然に対してどんな姿勢で向き合ってゆけばよいでしょう
by tutinokai | 2005-10-09 12:12 | 田んぼの植物

コナギの青い花が咲く

d0021152_13344100.jpgコナギの花が咲きました。
稲にとって強害草であるコナギ。
(6月の記事、いのちの環
「いのちのリレー①コナギ」参照です。)

田の草とりをして、まるめて稲の根元へ。
稲にたっぷり栄養をくれたことでしょう。
田の草とりをかいくぐり
稲の成長とともに、ひっそり成長したコナギ。
小さな紫の花。きれいです。

「ヒエの穂には100粒の種。コナギ1個の実には数千粒の小さな種。
コナギの種は、長生き10年以上。
前の年に一本残らずコナギをとったとしても、翌年になるとやっぱり生える。」

ううう.... けど、コナギは田んぼにしか生えない植物。
代かきあとの、
田植えした田んぼ(人の手がはいったということ)でしか生えない(生きない)。
コナギに貝が卵を産んで、この田んぼのなかの循環に在るのも事実。

人と植物、「いいかげん(良い加減)」で此処にいましょう。
また来年も1株からのコナギ。10年前の種も芽を出すでしょう。
そしてまた人々は田の草とり。共に在るとはそういうこと。
きっとそう、これでイイのだ。

by tutinokai | 2005-10-09 12:02 | 田んぼの植物

稲刈り 〜たくさんの生き物がいるという財産〜

田んぼは、
人がお米を収穫する場処でもあるけれど、
たくさんの生き物たちが暮らす場処でもあるのです。

稲刈りの今日、生き物たちは大慌て。

d0021152_23573135.jpg
 ぐわぁおー!
 まっかちザリガニ ハサミで威嚇です。


d0021152_110105.jpgd0021152_110377.jpg




田んぼの土は栄養分をたくさん含んでいます。
その栄養分が微生物を育み、この微生物たちを餌にして昆虫や小魚がやってくる。
そしてそれを餌にする生き物たちがやってきます。

適度に人間の働きかけがあるということが、生き物の種類を豊富にする。
(まったく働きかけのない安定した環境では、限られた強いものだけが生き残り、
 生き物の種類は減少してしまう)
耕したり、虫や草を防除することは生き物にとっては確かにダメージ。
けれど適度な刺激を与えることによって特定の強い生き物だけが独占するのを防ぎ、
多くの弱い生き物たちが生存できるようになる。

人間の働きかけが強すぎる=「自然破壊」
「いいかげん」は「良い加減」

「益虫」「害虫」「ただの虫」
たくさんの生き物がいるということは、
稲を食べたり、わるい病気を運ぶ生き物もいるということ。
けれど、田んぼから生き物をなくすための努力より、
たくさんの生き物がいるということが田んぼの財産。
そんなふうに思うと、
私たちこそが、田んぼに「いいかげん」で働きかけていることで、
この谷戸(里山)の自然環境を守ってる。
そのことがわかります。
それってすごいことだよね。なんだかうれしいことだよね。

 参考文献:「田んぼの教室」 家の光協会

d0021152_1295123.jpgかけていたネットを支えていた木の棒。
抜くと、畦に開いた深い穴。
コオロギやイナゴがわんさか落ちていました。
ぴょんぴょん跳ねますが、登るに登れません。

ん〜これは、自然の摂理なのか、それとも...
ちとちがう。逃がしておきました。
by tutinokai | 2005-10-09 09:56 | いのちの環

稲刈り

d0021152_19271835.jpg実りの秋。
ごくろうさまの案山子。
いよいよの稲刈り。
稲の束を握る。
ザクザクとかまを入れる音。
収穫の心地よい音。

稲の間には、あわてた女郎蜘蛛。


d0021152_19194980.jpg
藁の匂い。笑、笑でございます。

稲架(はさ)にひとつひとつかけてゆく。
とってもきれい。
懐かしい思いになるのはなんでだろう。
ずっと残していきたい風景のように思う。

 photo(右) / 稲架とアカマンマ 2004.10
d0021152_19151483.jpg
d0021152_19292716.jpg

稲刈り
稲をカマで刈る。4、5束にまとめる。水で湿らせた藁3本位で、束を縛る。
杭3本を田んぼのさし、縄でしばったものを2カ所。その間に竹を渡す。
稲束を7:3に分け、交互にしながら竹にかけてゆく。
交互にすることで、風通しを良くする。
by tutinokai | 2005-10-09 09:17 | 田んぼ通信